2020年05月01日

新緑の深大寺

新型コロナウイルス対策で
連日の自粛生活が続くなか
健康維持は朝寝坊とせめて
もの散歩か。リタイア組と
は言え、息子が七時前後に
階段を駆け下り出勤を急ぐ
音を布団の中で聴くのは余
りいいものではない。日々
の散歩は家から東西南北に
4コース。深大寺は西行き
コースの延長線上。人のい
ない時間を見計らって新緑
に浸かってきた。



■閑話1 新緑(しんりょく) 深大寺@ 🌿

深大寺_新緑_1.jpg深大寺_新緑_5.jpg
深大寺_新緑_2.jpg深大寺_新緑_3.jpg深大寺_新緑_4.jpg


あらたふと 青葉若葉の 日の光 (芭蕉)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ひと絶えど 青葉若葉の 深大寺 (擬三四郎)
ひと絶えど 新緑あふる 深大寺 (へのへのもへ次)


新緑とは、初夏の頃の若葉のみずみずしい緑色であり、その立ち木をも指す。木が芽吹いていよいよ鮮やかな緑色の葉を茂らせる、その現象を色に着目して表した季語である。子季語は「緑」「緑さす」。また、関連季語には「若葉」などがある。
...(閑話)



■閑話2 阿吽のそば羅漢 深大寺A 🙏

人影まばらも新緑に包まれる深大寺。
ここ深大寺の周辺には蕎麦屋が多い。
中でも、門前に構える嶋田家は幕末
創業の最古参。その店前には奇妙な

一対の客寄せの石像が並ぶ。

深大寺_新緑_6.jpg 深大寺_新緑_7.jpg

      深大寺_新緑_8.jpg 深大寺_新緑_9.jpg


人呼んで「阿吽のそば羅漢」である。
阿吽(あうん)は、仁王や狛犬に見
られる、口を開いた阿形と口を閉じ
た吽形一対の姿。羅漢(らかん)は、
最高の悟に達した聖者を言う。
しかし、さすがの羅漢も客寄せに使う現代人に開いた口が塞がらないのではないか。a hūṃ ... 
…(閑話)



■閑話3 春眠暁を覚えず  深大寺B 😷<😴

明け方に一度目が覚めたのだが
心地よい温もりにねむりは続く
微睡に時計を見れば十時が近い
南窓に木影揺れ処処啼鳥を聞く

これまさに春暁春眠暁を覚えず

ウイルス自粛もここに極まれり

春眠に勝る自粛何処にぞありや。

...(閑話)


深大寺_新緑_10.jpg深大寺_新緑_11.jpg深大寺_新緑_12.jpg
(写真は人影の絶えた深大寺門前の鬼太郎茶屋)



■参照情報
 ▼鬼太郎茶屋(公式HP)
 ▼深大寺(公式HP)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

目指せブログランキングTop

今、ネットはSNSが主流。ブログは一、二世代前のツールかもしれない。しかし、まとまったものを第三者に読んでもらうにはブログが最適。Twitterのように瞬発的な情報交換ではなく書き手から読み手へほぼ一方通行で緩やかに流れる。従って、ある意味でブログは書き手ワールドと言えよう。



■閑話1 My Blog「忙中閑話」の利用状況

かく言う私も「忙中閑話」と言うブログを14年も書いている。テーマ性も趣味性もないただの雑記帳だが、それでも今後も継続するなら「目指せブログ・ランキングトップ」と書いたのが昨年暮れである。しかして3ヶ月。外出自粛の行動変容でもないが、年末に新たに登録した「日本ブログ村」のランキング状況を含みMy Blogの利用状況を整理してみた。


忙中閑話_2001-03_アクセス分析_1V2.jpg

1.My Blog
 @ブログ名 :忙中閑話
 A記事数  :769件
 Bブログ運用:SeeSaa


2.SeeSaaランキング(4/7付)
 @総合ランキング:708位/743,703ブログ
 A人気ランキング:5,003位
 B月間利用状況:
  A. ページ数(件数) :983件
  B. アクセス数(PV) :6,673PV
  C. 訪問者数(延人数):888人


3.記事別アクセスTop3  月間:PV・訪問者
 @わが家のおひな様      :170  74
 A映画「1917命をかけた伝令」:144  76
 B山寺・セクシーな石仏    :124  49



忙中閑話_200407_日本ブログ村アクセス順位.jpg

4.日本ブログ村ランキング(4/7付)
 @総合ランキング:16,060位/991,263ブログ
 Aカテゴリ別
  A. 本ブログ :140位/13.082ブログ
  B. 読書ブログ: 32位/ 2.962ブログ
  C. その他:7位〜349位



お恥ずかしながら、My Blogにはテーマ性も自慢できるようなものもあるわけでもない。ただ、思いついたことを気ままに書いているだけの雑記帳にしては、よく読まれているように思う。こちらからは読者の姿が全く見えないのだが、深く感謝しなければいけない。




■閑話2 ブログのアクセス数とランキングの関係

ブログのランキングに関わる情報をネット上で探してみた。軽々しくランキング・トップなどと言ったが、これを見ると最後の20%が至難のわざだと思う。ごく一部の勝者が大半を掴むネット社会の特性がランキングにもよく現れているように思う。


1.ブログ数と稼働率(2014/7/5付) 詳細@参照

  2008年ベース    ブログ数     ページ数
 @ブログ総数    1690万個  13億4700万
 Aアクティブブログ  308万個   5億6800万
 B稼働率       18%
   ↓
 C従って、ほとんど利用されていない非アクティブ(休眠中)ブログは、
  ブログ当たり56記事(=7.79億記事/1382万)であることが分かる。
  
  
2.ブログの1日平均アクセス数とランキングの関係(1) 詳細A参照
 
 @1日平均アクセス数が50未満のブログが78%
 A1日平均アクセス数が50以上あれば上位22%にランクイン
 B1日平均アクセス数が500以上あればトップ3%にランクイン
  
    
3.ブログの1日平均アクセス数とランキングの関係(2) 詳細B参照

 @1日平均アクセス数が10PVあれば上位50%
 A1日平均アクセス数が50PVあれば上位20%
 B1日平均アクセス数が300PVあれば上位5%
  
   
4.月間アクセス数とランキング・レベルの関係 詳細C参照

 レベル名    アクセス数    95%
 @ビギナー  :月間3PV未満   ↓
 A脱ビギナー :月間3,000PV〜 ―――
 Bノービス  :月間1万PV〜   ↑
 Cアマチュア :月間3万PV〜   5%
 Dトップアマ :月間10万PV〜
 Eエキスパート:月間30万PV〜
 Fセミプロ  :月間50万PV〜
 Gプロ    :月間100万PV〜
 Hトッププロ :月間300万PV〜
 (10) 神    :月間1000万PV〜



夜空をサイバー空間だとすれば多くのブログは名もなき星屑。星の誕生と同じように一瞬の輝きを放って産まれたブログは時間と共に二度と浮かび上がることのないサイバー空間の闇に沈み込む。同じ儚い定のブログを救ってくれるのは、サイバーのポータルサイトであり、読者のお気に入りであり、そしてGoogleのキーワード検索なのだ。それらに助けられなんとか明かりを灯しているのかもしれない。深謝!
...(閑話)



■参照情報
 ▼@ 日本のブログ数は?稼働率はたった18%(株サイクス)
 ▼A ブログアクセスの平均数は?(ジュンイチのデジマブログ)
 ▼B 1日50PVあれば上位20%のブロガー(パカログ)
 ▼C PV数でわかるブロガー番付(ブログ部)
 
  

ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

痛風耐えて春迎える

新コロナウイルスの問題はあるが、何とか花見に
間に合ってよかった。実は、3月はほんの数日前
まで歩くことがままならない大変な状況だった。
今回は本当に痛風に痛めつけられた。(:△;*)
2月下旬にうかつにも発症させそれでも3月初旬
には一度快復。そこで気を緩めたのが運の尽きか
再発後の痛みは凄まじかった。まだ少し痛みの芯
が右足甲の辺りに残っているが、何とか通常歩行
が可能になった。以下の4話は全て痛みの中で書
いたもの悪しからず。



■閑話1 春風踏脚(三寒四温) 🌱🌿

春は一度には訪れない。
行きつ戻りつ寒暖を繰り返しながら春になる。
所謂「三寒四温」だが江戸の漢詩人 館柳湾は、
そうした緩々とした季節の歩みを「春風踏脚」

(しゅんぷうとうきゃく)即ち「足踏み」と

詠んでいる。


86215906_3417934201614429_5938788551628947456_o.jpg


春日雑句(館柳湾)
    

昨日猶寒南岸柳  昨日は なお寒し 南岸の柳、 
今朝已暖北枝梅  今朝は 既に暖かし北枝の梅。 

吹晴送雨互相報  晴れを吹き雨を送り互いに相い報ず、
信是春風踏脚来  まことにこれ春風脚を踏みてきたる。
    


昨日は寒々としていた柳だが、

今朝は暖かさに梅が咲きだした。
晴れたかと思えば雨になるといった日々を繰り返し、
まことに春風は足踏みしながらやってくる。
     
      



寒暖を行きつ戻りつ近づいてくる様も足踏みしながら

ゆっくり近づいてくる様もいずれも言い得て妙なり。

…(閑話)




■閑話2 春寒 🌿

春は三寒四温か春風踏脚か。
寒暖を行きつ戻りつ近づいてくる春だが、
いつから春かと言うと意外と分かり難い。
世の習いで言えば、春は、     


1) 暦によれば2/4(立春)の頃から

2) 天文学的には3/21(春分)の頃から

3) 気象学的には3月から

4) 年度で言えば4月から
  

90462848_3527214310686417_1641640924071067648_o.jpg    



一方、季節の移ろいではなく寒暖の状態

に着目すると、春には春寒と春暖がある。
春暖の候は 3月中頃から 4月末。春寒の

候は 2月から 3月の頃で、春になっても

時折ある冬の戻りのような寒い日をいう。
江戸の漢詩人柏木如亭の「春寒」に曰く、


春寒 (柏木如亭)
    


連日春寒擁帝城、

鴨河壹帶凍無聲。
高臥關心只花事、

東山時節近清明。
       



春の寒さが連日京都(帝城)を包み、

鴨川一帯は凍えて声もなく静まり返っている。
世捨て人の私には花見のことしか関心がない。

花の名所東山の時節は清明に近いというのに。
    
     


ここで目を漢詩の国に向けると、悠遠の歴史

の中に燦然たる輝きを放つ春の詩が目に付く。

春という迸る生の息吹のなせる技なのだろう。


春望(杜甫) 国破山河在…

春暁(孟浩然)春眠不覚暁…

春夜(蘇軾) 春宵一刻値千金…



…(閑話)


注!閑話1、2共に「漢語日歴(興膳宏)」を
  参照させていただいています。




■閑話3 這々の体 >_<
    
昨日、
薬をやってしまった。
その名はブルフェン。

効目迅速。効果絶大。

外でもない鎮痛剤だ。
十四年前を最後に絶縁した
はずの痛風が不覚にも発症。
這々の体で最寄りの医院へ。


88052250_3463286337079215_2688961595324760064_o.jpg88958515_3463310620410120_3045517930423910400_o.jpg   



ところで、
日ごろ使うことのない言葉

這々の体 」を激痛を以て

体現したわけで、語源「這

うようにやっとのことで歩

くさま」は正に言い得て妙。
    


もっとも、感心する話じゃ

ないけどね。注意注意!

…(閑話)
       
      



注!漫画はYahoo画像検索結果を使用




■閑話4 東京新旧比較(大空襲直後と現在)🔥

焼跡闇市派と称して文壇マスコミ界で活躍していた
野坂昭如が元気だった頃は、まだ何となく終戦直後
の焦土と言うものが匂っていたように思うが、75年
も経つともう遠い過去として忘れ去られたような…


写真は東京大空襲直後と現在の俯瞰図対比。

@東京全体 (写真1-2)

89382267_3514166435324538_919638195556057088_o.jpg 89549558_3514166475324534_1070261723669200896_o.jpg

A新宿 (写真3-4)
89547327_3514166151991233_7011018267967881216_o.jpg 89481423_3514166125324569_3156651587892412416_o.jpg


B墨田-江東区(写真5)
89721978_3514166138657901_1611935306754293760_o.jpg    





■参照情報
 ▼写真で見る新宿の今と昔(realestate.co.jp)
 ▼History's deadliest air raid happened in Tokyo during World War II and you've probably never heard of it(CNN)
 ▼空襲1945 (朝日新聞)
 ▼75年前、首都はなぜ焼き尽くされた・東京大空襲を知る(朝日新聞)
 ▼東京大空襲とは(東京大空襲・戦災資料センター)


  

ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

わが家のおひな様

まだ寒さが残る2月になると東の常陸国の真壁という町
で3月3日までの間、町をあげた「真壁のひなまつり
が行われる。 噂を聞いて2017年に訪ねてみてからと
いうもの、この時期になると益子・笠間の窯元巡りを
兼ねて真壁のひなまつりを見に行っていたのだが今年
はウイルスの影響というか何となく見送ってしまった。


   春まだき 真壁の里に ひな目覚む


106A8F4C-A88F-4B19-A6CC-2AF9E318CC63.jpeg00D2BEDA-F82B-4FAA-966C-8F4A898B04A2.jpeg
75F3BA45-DDDB-4FAE-9586-681170A5DEF2.jpegCFC4433A-EE37-4EB4-8F7A-E404914A8CD3.jpeg
12739D88-F080-4DAB-A032-7E58177E3A2C.jpeg9EFA3923-DE6D-4020-B0E3-0DEF7D901CD9.jpeg




ということで、わが家の話を一つ。



■閑話1 わが家のおひな様 🎎

いつの頃からか内裏雛しか飾らなくなって久しい。
早めに登場して、3月3日の桃の節句が過ぎると、
ぷいっと後ろを向いて、早々と箱に入ってしまう。
早くお嫁に行けるようにとの願いが込められてい

るそうだが、今のところ余り効き目がないようだ。

そろそろ、、その気になってもらいたいものだが。

...(閑話)


25967ABF-7DF3-4E0D-8923-04C25D80C96B.jpegFA07031A-0DFB-4261-8D0F-502D0329BDC4.jpeg




■閑話2 後ろを向いた内裏雛

3月3日が過ぎて後ろを向いた内裏雛
天気のいい乾いた日に早々と箱に入る

1554CC21-7DCF-4CB6-A7A8-DE765361C6A6.jpeg



箱に入る 顔なわすれそ 雛二対


そして……また一年


箱を出る 顔わすれめや 雛二対



25967ABF-7DF3-4E0D-8923-04C25D80C96B.jpeg535F02D5-9FD6-4DC0-86E8-31A5C8E9CF14.jpeg



一句は与謝野蕪村の雛の句、もう一句は改竄の句
である。蕪村殿勘弁やで〜。m(>o<)m


尚、蕪村の句は俳界や文学界では有名な句らしい。
芥川龍之介は大正12年の頃の作品「」の冒頭に
この句を引用し、短編が始まっている。

また、俳句の世界では、この句の解釈ほど多様さ
を示す句も珍しいらしい。その解釈について様々
な論争が起きたそうだが、中でも内藤鳴雪正岡
子規
の論争は有名らしい。


私なんぞは、なぜ二対なの?二体では?と思う。
そんな程度ではあるが、たかが「対と体」の違
いで、読まれた句の状況が決定的に違ってくる
と言うのも実に俳句的でまた日本語的で面白い
ものである。そしてまた平和だと思う。
...(閑話)



■参照情報
 ▼雛 芥川龍之介( 青空文庫)
 ▼「めや」をめぐる混乱と誤解(Blog:言葉が風化する)
 ▼蕪村句集講義その4(赤尾敏の俳句世界)
 ▼真壁のひなまつりと珈琲(My Blog:忙中閑話)
 ▼真壁のひなまつり(桜川市観光協会)
  
  

ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

映画「1917 命をかけた伝令」

COVID-19を警戒する意味では余り好ましくない環境だが、
昨日は遠出の代わりに本年度アカデミー受賞作を観てきた。

1917_イオンシネマ調布_200223.jpg



イオンシネマでは作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト
半地下の家族
」と戦争映画「1917 命をかけた伝令」二本
が上映されていたが、躊躇なく後者を選んだ。

1917_&パラサイト_半地下の家族_2.jpg



嫌韓という訳ではないが、金持ちに巣食うところからスト
リーが始まる「パラサイト」は昨年パルムドール賞を受賞
したがアカデミー賞は無冠に終わった是枝裕和の「万引き
家族」のコピーいやいやこれは立派にパクリと言ってよい
のではないか?もっとも、そんなことを書いた映画評を見
かけないので、それだけに見比べるという見方もあり得た
が連休に辛気臭い映画を見たくもなく話題の全編ワンカッ
ト映像になる「1917 命をかけた伝令」を観た。

1917 命をかけた伝令.jpg



さて「1917 命をかけた伝令」だが、多数の撮影賞に輝く
ワンカット映像による戦場の緊張感・臨場感が突筆される。
これまでも登場人物の感情の流れや臨場感を表現する「長
回し」として「ワンシーン ワンカット」撮影が用いられて
きたが、この映画では伝令役の二人の主人公の行動に寄り
添い、究極の戦場没入感を表現するために全編ワンカット
映像を作り上げている。思わず声を上げそうになった驚き
の場面がいくつもあった。

1917 命をかけた伝令_2.jpg



しかし一方で、ワンカット映像を作るために場面の連続性
維持に拘ざるを得ない半面性がストーリーを平板化してい
るようにも思う。熾烈過酷な戦場に咲くヒューマニティー
をモチーフにした過去の名作に比べてその辺りが少し弱い
ような気がする。18年前の戦争映画で同様にアカデミー賞
を受賞した「戦場のピアニスト」は今でも思い返して見直
したい戦争映画だが「1917」は時間の経過とともに忘れて
しまはなければよいが。


総じて、先に撮影技術ありき的な感なきにしもあらずだが、
新境地を切り開く意欲的な作品作りは称賛されるべきであ
り緊張感・臨場感・没入感溢れる見応え充分の映画である。
…(閑話)



■参照情報
 ▼1917 命をかけた伝令(公式HP)
 ▼戦場のピアニスト(IMDb)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

大人のマッチ棒パズル

昔のようにてがるに手に入らなくなったマッチ。
手元にある時はその存在の重要性を軽んじられ
ない時は他に代え難い貴重性を思い知らされる。
マッチとはそういう存在であったかもしれない。 


マッチ箱_2.jpg
 



では、大人
のマッチ棒パズル (^^;;
 
    


問題:今、ここに15本のマッチ棒を並べてHOTELという字を書いた。このHOTELについて次の問(1)〜(3)に答えよ!
     



(1)ある娘が、見知らぬ男に声をかけられ、「ホテルに行こうよ」と誘われた。娘がどうしたか、マッチ棒を1本取り除いて答えよ。

    答:HOTEL→( I I O TEL = 110番へTELした
    

(2)今度は、よく知っている男に「ホテルに行こうよ」と誘われた。娘がどう返事をしたか、マッチ棒3本を動かして答えよ。

    答:HOTEL→ ( I HOPE or AHO IE = いいわよ or アホ言え

  
(3)娘は男とホテルへ行った。今、2人が何をしているか、マッチ棒2本を動かして答えよ。

    答:HOTEL→ ( NETEL = 寝てる



【マッチ棒による答】
Pazzle_Match_Hotel_3.jpg

   


秀作:後から提出された回答になかなかの秀作があったので追記します。


(2)答:YALITAI(やりたい)、YATTEー(やってー) 

*それぞれのYの前に先生が書いててありました。合格ですね。


(3)答:I I KOTO(いいこと)、YATTEL(やってる)、II LETEL(入れてる)、ATT I I I Iー I Iー (あっつ いい いいー いいー) 

*なにを考えているのか想像力と臨場感がありますね。これも合格。



【マッチ棒による答】
Pazzle_Match_Hotel_4.jpg



失礼しました。(阿呆男)



■参照情報
 ▼燐寸博物館(田中マッチ(株))
 ▼国産マッチの歴史(探検コム)
 ▼マッチ業界の現状は?(IRORIO)  
 ▼マッチの輸出について(税関) 
 ▼パズルはPHPを参照させていただきました。



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | 社会・政経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

山寺・セクシーな石仏

山寺の石段脇には夥しい石仏が存在する。


IMG_E8524.JPG 赤い帽子を被せら
 れたのもあれば風
 車が横で回ってい
 るものもある。石
 段の角や見通しが
 利く岩の上にはま
 るで見張のように
 佇んでいるものも
 ある。


そんな中で目を引く「ちょっといけてる
セクシーな石仏」。よく見ると、立て膝
で頬に指を当てた姿態の坐像で手に宝珠
の様なものを持っているので「如意輪観
」だろうか。


IMG_E8529.JPG A902CBD2-DC83-4D52-88A3-E9C3E15C5E8F.jpeg


観音さまは男でも女でもなく悟った姿を
表し、また女性の様な表情は慈悲を表す
とか。まー、石仏を見てセクシーなどと
言うようでは、極楽浄土口でもう一つの
閻魔の様な表情の石仏によって地獄へ蹴
落とされてしまうかもね。...(閑話)



■参照情報
 ▼冬の東北一人旅(山寺)(My Blog)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

敗荷(はいか)

季節の推移につれて、自然界の主役も次々と交替してゆく。夏の間みごとな花を咲かせたハスが、破れた葉をさらしている姿は忍びない。北宋の欧陽修の詩「」にそんなハスの姿が見える。
    

霜(北宋:欧阳修) 


一夜新霜著瓦轻,芭旧心折败荷倾。

奈寒惟有东篱菊,金蕊繁开晓更清。
           



一夜 新霜 瓦に著きて軽く 

芭蕉は芯が折れ 敗荷は傾く
    
   


IMG_6715.jpeg IMG_6717.jpeg

以前に登った高尾山の薬王院山門脇に置かれた睡蓮鉢のハスも盛りを過ぎた寂しさを漂わせていた。風に吹き破られたというより枯れて破れたというほうが適切かもしれないが、ゴミひとつ許さぬ境内に何故「敗荷」を置き去りにして人目に晒すのであろうか?栄枯盛衰人生無常を諭しているのか?



ところで



ふつう「」を「ハス」と思う人は少ないが、俳句の世界では当たり前のように使っている。秋の季語に「やれはす」というのがあり、漢字で「敗荷」(または「破れ蓮」)と書くそうだ。

この「荷」をペンネームに使った文豪に永井荷風がいる。和漢洋の文芸に親しみ、とくに中国の詩を嗜読した荷風のこと、「荷風」という雅号は中国の詩藻あたりから撰んだものであろうと考えられていたが、意外にも、初恋の相手「お蓮さん」の「蓮」と同じ意味を持つ「荷」を持ってきて「荷風」という雅号が出来たそうだ。

そして、明治45年(1912年:33歳)で「意気とみに銷沈いよいよ残柳舎敗荷と改名致可くや。」と雅号を「敗荷残柳」に改名している。1912年は商家令嬢と結婚させられた年であり、以降、1913年父死去・離婚、1914年芸妓入籍と私生活の破綻の始まりの年に「破荷」を感じたとすれば、いかにも荷風らしい。


その荷風が亡くなったとき、石川淳が著した「敗荷落日」(1995年)は、「一箇の老人が死んだ」で始まる痛烈な追悼文で、大きな評判を呼んだ。...(閑話)



■関連情報
 ▼書き出し部と最後は「漢語日歴」(興膳宏)の「敗荷」を引用。
 ▼後半の永井荷風の部分もネットの情報を引用。



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

鰍(かじか)の箸置き

年末に行った冬の東北一人旅
よりこぼれ話を一つ…


向瀧の食膳の箸置きは「かじか」の焼き物だ。
茶系の体色にギョロ目で厚い唇の大きな口を
かっと開いた長さ10cm位の愛嬌ある焼き物。

向瀧_鰍焼_1.jpg



配膳されると幅広い箸袋に隠れて目立たない。
淡水河川の石の下に隠れているような感じだ。
変る季節と料理の側で常に変わらない箸置き。
背中で箸を支え大口の中に爪楊枝を隠し持つ。

向瀧_鰍焼_3.jpg
   
   
ところで、「かじか」は漢字で「」と書く。
魚へんに秋と書いて「かじか」と読むらしい。
数多の魚中で秋を抱く魚とはたいしたものだ。
名は体を表すとするなら「鰍」の由来は何か?
さぞ秋を代表するエリート魚かと思うとその
実、泳ぎは不得意で少々グロテスクな上にほ
とんど市場に流通しない隠れ屋ならぬ隠れ魚。
但し味は特級で鮎や岩魚を遥か凌駕するとか。

D701F666-E0E2-49EB-AD86-53156B0F3930.jpeg
     

そんな「鰍」が会津の向滝から東京へ一人旅。
(パクってきたわけではありませんよ)
…(閑話)
     
   
PS. 俳人の句
平皿に呆と口開け揚げ鰍   高澤良一
揚げものの鰍つまめば秋の音 高澤良一
秋深し鰍は人の顔もてり   瀧澤伊代次
川焼けの顔寄せ合へり鰍酒  小松沙陀夫
甲斐の春子持鰍の目がつぶら 飯田龍太
漁り火に鰍や浪の下むせび  芭蕉
      

鰍焼 終の住処ぞ 向瀧   への への
                も
                へ 次


■参照情報
 ▼会津東山温泉 向瀧(公式HP)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

テキサスおじさんと日米同湯

年末に行った冬の東北一人旅
最後に泊まった会津東山温泉
向瀧の”雪見ろうそく”はいま
なお積雪ゼロで火を灯すこと
ができないようだ。 
暖冬は断灯を招いている…


閑話7 テキサスおじさんと呉越同舟ならぬ日米同湯の話(会津・東山温泉)


4F6EAD3B-675B-4A51-B386-E9BA2051F647.jpeg会津若松の東山温泉に向瀧と言う登録有形文化財登録第一号を誇る老舗の温泉旅館がある。5年ほど前から東北を旅する様になって何回か利用したお気に入り旅館だ。今回の冬の東北一人旅も最後は向瀧泊まり。


到着後、早速自慢の源泉掛け流しの温泉に入ると先客が一人いた。



挨拶を言って湯につかり、一息置いて話しかけるが、先客は湯船に入らず淵に腰掛けた状態で応えてこない。お互い語らず干渉せずがいいのか、瞬間わたしは正対して話しかけた。と何と…先客は日本語が話せない米国人だった。(私も眼鏡を外すとかなりな近視なので)それからと言うもの源泉掛け流しの如く英語が口をついて流れ出す。リタイヤーしてからと言うもの英語は遠くに置き忘れているのだが、親父さんなかなかやるじゃん!先客は東京に勤める息子さんを訪ねきて冬の東北巡りを親子で始めたテキサスおじさんだった。


ところが5分10分経っても湯船に入らないのでそれとなく尋ねると湯が暑すぎると言う。Oh No!確かにこの”きつね湯(写真右)”はわたしでも我慢モードで熱く感じるのだから。そこで温度の低い”さるの湯(写真左)”を紹介すると、その夜と次の朝風呂で一緒になった。呉越同舟ならぬ日米同湯である。


982130FB-716F-465B-BA9B-9D8F4768726E.jpeg 8186A727-802A-4885-8A8A-12EF05B7AA20.jpeg


元気なうちにルート66を一人で走りたいと言うととても喜んでくれてオールディーズからジャズに話が及び盛り上がる。テキサスおじさんは殊更日本の若い女性が綺麗だと褒めていた。ファッションも姿態も魅力的だと。最近はハリウッドでも金髪グリーンアイはあまり用がないと聞く。時代が移り認識も変化しているのかな?さすがに政治話はしないが、あれもこれもと日米同湯の楽しいひと時であった。


最後に、向滝には進駐軍の高官ボルドビッチが湯治の折に帯来したパーコレータ式の珈琲が飲めると言う話をしたら、またまたカフェや日本茶の話で盛り上がったものだった。たわいないと言えばたわいないが、それはそれで、楽しい冬の東北の一人旅の一コマであった。…(閑話)



■参照情報
 ▼会津東山温泉 向瀧(公式HP)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする