2020年02月24日

映画「1917 命をかけた伝令」

COVID-19を警戒する意味では余り好ましくない環境だが、
昨日は遠出の代わりに本年度アカデミー受賞作を観てきた。

1917_イオンシネマ調布_200223.jpg



イオンシネマでは作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト
半地下の家族
」と戦争映画「1917 命をかけた伝令」二本
が上映されていたが、躊躇なく後者を選んだ。

1917_&パラサイト_半地下の家族_2.jpg



嫌韓という訳ではないが、金持ちに巣食うところからスト
リーが始まる「パラサイト」は昨年パルムドール賞を受賞
したがアカデミー賞は無冠に終わった是枝裕和の「万引き
家族」のコピーいやいやこれは立派にパクリと言ってよい
のではないか?もっとも、そんなことを書いた映画評を見
かけないので、それだけに見比べるという見方もあり得た
が連休に辛気臭い映画を見たくもなく話題の全編ワンカッ
ト映像になる「1917 命をかけた伝令」を観た。

1917 命をかけた伝令.jpg



さて「1917 命をかけた伝令」だが、多数の撮影賞に輝く
ワンカット映像による戦場の緊張感・臨場感が突筆される。
これまでも登場人物の感情の流れや臨場感を表現する「長
回し」として「ワンシーン ワンカット」撮影が用いられて
きたが、この映画では伝令役の二人の主人公の行動に寄り
添い、究極の戦場没入感を表現するために全編ワンカット
映像を作り上げている。思わず声を上げそうになった驚き
の場面がいくつもあった。

1917 命をかけた伝令_2.jpg



しかし一方で、ワンカット映像を作るために場面の連続性
維持に拘ざるを得ない半面性がストーリーを平板化してい
るようにも思う。熾烈過酷な戦場に咲くヒューマニティー
をモチーフにした過去の名作に比べてその辺りが少し弱い
ような気がする。18年前の戦争映画で同様にアカデミー賞
を受賞した「戦場のピアニスト」は今でも思い返して見直
したい戦争映画だが「1917」は時間の経過とともに忘れて
しまはなければよいが。


総じて、先に撮影技術ありき的な感なきにしもあらずだが、
新境地を切り開く意欲的な作品作りは称賛されるべきであ
り緊張感・臨場感・没入感溢れる見応え充分の映画である。
…(閑話)



■参照情報
 ▼1917 命をかけた伝令(公式HP)
 ▼戦場のピアニスト(IMDb)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

大人のマッチ棒パズル

昔のようにてがるに手に入らなくなったマッチ。
手元にある時はその存在の重要性を軽んじられ
ない時は他に代え難い貴重性を思い知らされる。
マッチとはそういう存在であったかもしれない。 


マッチ箱_2.jpg
 



では、大人
のマッチ棒パズル (^^;;
 
    


問題:今、ここに15本のマッチ棒を並べてHOTELという字を書いた。このHOTELについて次の問(1)〜(3)に答えよ!
     



(1)ある娘が、見知らぬ男に声をかけられ、「ホテルに行こうよ」と誘われた。娘がどうしたか、マッチ棒を1本取り除いて答えよ。

    答:HOTEL→( I I O TEL = 110番へTELした
    

(2)今度は、よく知っている男に「ホテルに行こうよ」と誘われた。娘がどう返事をしたか、マッチ棒3本を動かして答えよ。

    答:HOTEL→ ( I HOPE or AHO IE = いいわよ or アホ言え

  
(3)娘は男とホテルへ行った。今、2人が何をしているか、マッチ棒2本を動かして答えよ。

    答:HOTEL→ ( NETEL = 寝てる



【マッチ棒による答】
Pazzle_Match_Hotel_3.jpg

   


秀作:後から提出された回答になかなかの秀作があったので追記します。


(2)答:YALITAI(やりたい)、YATTEー(やってー) 

*それぞれのYの前に先生が書いててありました。合格ですね。


(3)答:I I KOTO(いいこと)、YATTEL(やってる)、II LETEL(入れてる)、ATT I I I Iー I Iー (あっつ いい いいー いいー) 

*なにを考えているのか想像力と臨場感がありますね。これも合格。



【マッチ棒による答】
Pazzle_Match_Hotel_4.jpg



失礼しました。(阿呆男)



■参照情報
 ▼燐寸博物館(田中マッチ(株))
 ▼国産マッチの歴史(探検コム)
 ▼マッチ業界の現状は?(IRORIO)  
 ▼マッチの輸出について(税関) 
 ▼パズルはPHPを参照させていただきました。



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | 社会・政経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

山寺・セクシーな石仏

山寺の石段脇には夥しい石仏が存在する。


IMG_E8524.JPG 赤い帽子を被せら
 れたのもあれば風
 車が横で回ってい
 るものもある。石
 段の角や見通しが
 利く岩の上にはま
 るで見張のように
 佇んでいるものも
 ある。


そんな中で目を引く「ちょっといけてる
セクシーな石仏」。よく見ると、立て膝
で頬に指を当てた姿態の坐像で手に宝珠
の様なものを持っているので「如意輪観
」だろうか。


IMG_E8529.JPG A902CBD2-DC83-4D52-88A3-E9C3E15C5E8F.jpeg


観音さまは男でも女でもなく悟った姿を
表し、また女性の様な表情は慈悲を表す
とか。まー、石仏を見てセクシーなどと
言うようでは、極楽浄土口でもう一つの
閻魔の様な表情の石仏によって地獄へ蹴
落とされてしまうかもね。...(閑話)



■参照情報
 ▼冬の東北一人旅(山寺)(My Blog)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

敗荷(はいか)

季節の推移につれて、自然界の主役も次々と交替してゆく。夏の間みごとな花を咲かせたハスが、破れた葉をさらしている姿は忍びない。北宋の欧陽修の詩「」にそんなハスの姿が見える。
    

霜(北宋:欧阳修) 


一夜新霜著瓦轻,芭旧心折败荷倾。

奈寒惟有东篱菊,金蕊繁开晓更清。
           



一夜 新霜 瓦に著きて軽く 

芭蕉は芯が折れ 敗荷は傾く
    
   


IMG_6715.jpeg IMG_6717.jpeg

以前に登った高尾山の薬王院山門脇に置かれた睡蓮鉢のハスも盛りを過ぎた寂しさを漂わせていた。風に吹き破られたというより枯れて破れたというほうが適切かもしれないが、ゴミひとつ許さぬ境内に何故「敗荷」を置き去りにして人目に晒すのであろうか?栄枯盛衰人生無常を諭しているのか?



ところで



ふつう「」を「ハス」と思う人は少ないが、俳句の世界では当たり前のように使っている。秋の季語に「やれはす」というのがあり、漢字で「敗荷」(または「破れ蓮」)と書くそうだ。

この「荷」をペンネームに使った文豪に永井荷風がいる。和漢洋の文芸に親しみ、とくに中国の詩を嗜読した荷風のこと、「荷風」という雅号は中国の詩藻あたりから撰んだものであろうと考えられていたが、意外にも、初恋の相手「お蓮さん」の「蓮」と同じ意味を持つ「荷」を持ってきて「荷風」という雅号が出来たそうだ。

そして、明治45年(1912年:33歳)で「意気とみに銷沈いよいよ残柳舎敗荷と改名致可くや。」と雅号を「敗荷残柳」に改名している。1912年は商家令嬢と結婚させられた年であり、以降、1913年父死去・離婚、1914年芸妓入籍と私生活の破綻の始まりの年に「破荷」を感じたとすれば、いかにも荷風らしい。


その荷風が亡くなったとき、石川淳が著した「敗荷落日」(1995年)は、「一箇の老人が死んだ」で始まる痛烈な追悼文で、大きな評判を呼んだ。...(閑話)



■関連情報
 ▼書き出し部と最後は「漢語日歴」(興膳宏)の「敗荷」を引用。
 ▼後半の永井荷風の部分もネットの情報を引用。



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

鰍(かじか)の箸置き

年末に行った冬の東北一人旅
よりこぼれ話を一つ…


向瀧の食膳の箸置きは「かじか」の焼き物だ。
茶系の体色にギョロ目で厚い唇の大きな口を
かっと開いた長さ10cm位の愛嬌ある焼き物。

向瀧_鰍焼_1.jpg



配膳されると幅広い箸袋に隠れて目立たない。
淡水河川の石の下に隠れているような感じだ。
変る季節と料理の側で常に変わらない箸置き。
背中で箸を支え大口の中に爪楊枝を隠し持つ。

向瀧_鰍焼_3.jpg
   
   
ところで、「かじか」は漢字で「」と書く。
魚へんに秋と書いて「かじか」と読むらしい。
数多の魚中で秋を抱く魚とはたいしたものだ。
名は体を表すとするなら「鰍」の由来は何か?
さぞ秋を代表するエリート魚かと思うとその
実、泳ぎは不得意で少々グロテスクな上にほ
とんど市場に流通しない隠れ屋ならぬ隠れ魚。
但し味は特級で鮎や岩魚を遥か凌駕するとか。

D701F666-E0E2-49EB-AD86-53156B0F3930.jpeg
     

そんな「鰍」が会津の向滝から東京へ一人旅。
(パクってきたわけではありませんよ)
…(閑話)
     
   
PS. 俳人の句
平皿に呆と口開け揚げ鰍   高澤良一
揚げものの鰍つまめば秋の音 高澤良一
秋深し鰍は人の顔もてり   瀧澤伊代次
川焼けの顔寄せ合へり鰍酒  小松沙陀夫
甲斐の春子持鰍の目がつぶら 飯田龍太
漁り火に鰍や浪の下むせび  芭蕉
      

鰍焼 終の住処ぞ 向瀧   への への
                も
                へ 次


■参照情報
 ▼会津東山温泉 向瀧(公式HP)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

テキサスおじさんと日米同湯

年末に行った冬の東北一人旅
最後に泊まった会津東山温泉
向瀧の”雪見ろうそく”はいま
なお積雪ゼロで火を灯すこと
ができないようだ。 
暖冬は断灯を招いている…


閑話7 テキサスおじさんと呉越同舟ならぬ日米同湯の話(会津・東山温泉)


4F6EAD3B-675B-4A51-B386-E9BA2051F647.jpeg会津若松の東山温泉に向瀧と言う登録有形文化財登録第一号を誇る老舗の温泉旅館がある。5年ほど前から東北を旅する様になって何回か利用したお気に入り旅館だ。今回の冬の東北一人旅も最後は向瀧泊まり。


到着後、早速自慢の源泉掛け流しの温泉に入ると先客が一人いた。



挨拶を言って湯につかり、一息置いて話しかけるが、先客は湯船に入らず淵に腰掛けた状態で応えてこない。お互い語らず干渉せずがいいのか、瞬間わたしは正対して話しかけた。と何と…先客は日本語が話せない米国人だった。(私も眼鏡を外すとかなりな近視なので)それからと言うもの源泉掛け流しの如く英語が口をついて流れ出す。リタイヤーしてからと言うもの英語は遠くに置き忘れているのだが、親父さんなかなかやるじゃん!先客は東京に勤める息子さんを訪ねきて冬の東北巡りを親子で始めたテキサスおじさんだった。


ところが5分10分経っても湯船に入らないのでそれとなく尋ねると湯が暑すぎると言う。Oh No!確かにこの”きつね湯(写真右)”はわたしでも我慢モードで熱く感じるのだから。そこで温度の低い”さるの湯(写真左)”を紹介すると、その夜と次の朝風呂で一緒になった。呉越同舟ならぬ日米同湯である。


982130FB-716F-465B-BA9B-9D8F4768726E.jpeg 8186A727-802A-4885-8A8A-12EF05B7AA20.jpeg


元気なうちにルート66を一人で走りたいと言うととても喜んでくれてオールディーズからジャズに話が及び盛り上がる。テキサスおじさんは殊更日本の若い女性が綺麗だと褒めていた。ファッションも姿態も魅力的だと。最近はハリウッドでも金髪グリーンアイはあまり用がないと聞く。時代が移り認識も変化しているのかな?さすがに政治話はしないが、あれもこれもと日米同湯の楽しいひと時であった。


最後に、向滝には進駐軍の高官ボルドビッチが湯治の折に帯来したパーコレータ式の珈琲が飲めると言う話をしたら、またまたカフェや日本茶の話で盛り上がったものだった。たわいないと言えばたわいないが、それはそれで、楽しい冬の東北の一人旅の一コマであった。…(閑話)



■参照情報
 ▼会津東山温泉 向瀧(公式HP)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

釣りバカ日誌のスーさんって?

年末に行った冬の東北一人旅
話が前後して分かり難いかも
しれませんがご容赦ください。
旅のこぼれ話をいくつか…


閑話6 釣りバカ日誌のスーさんになった話(山形・山寺)


05A8CD99-24E4-41FC-B97C-2460953031ED.jpeg山寺の麓に旧山寺ホテルを利用した山形レトロ記念館がある。レトロな木造の建物が背景にそそり立つ山寺と相まって実に味わい深い。


その記念館は無料だが入口に入館管理のお嬢さんがいて来館者として名前と住所を書いてくださいと言う。やぶさかでないので記入しているとどこか視線を感じる。


その後、順路に従い二階から見て周り、最後に一階に降りてきて芭蕉コーナーを見ていると様子を確認するかの様に覗きに来たので軽く会釈をかわす。やがて見終えて出ようとすると慌てて近づいてきて写真を撮らせて欲しいと言う。


館報にでも来館者として使うのかと聞くと、恥ずかしそうに笑いながら「釣りバカ日誌のスーさんが来たかと思った。びっくりした。本当に似ている。」と言う。正面から撮ったのを確認したら横顔も撮らして欲しいと言う。「もう少し横。視線は前を見て…」なんだか写真家とモデルのよう。やがて何枚か撮って「やはり横顔がいい。本当そっくり。」と言って大喜びしている。


51ABEDC0-4763-4D86-8CFF-CAF1F4996C5B_1_201_a.jpeg30A9EA76-AA23-4A4B-B189-F205E399D242.jpeg472F2C65-5FF1-4E91-BB5A-CB3692FF3A16.jpeg


まあ正直、可愛い話で悪くない。後でスーさんって誰か確認すると三国連太郎だと。こんな話始めてだ。今頃どこかインスタにでもアップされたか?それとも、あれは冬の間、山寺から麓に下りてきた狸がなした悪戯か?...(閑話)


■参照情報
 ▼釣りバカ日誌(松竹株式会社)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

旅は計画にあり?

▪️閑話5 旅は計画にあり?

いつも思うことだが、旅は計画にありだ
よく練った周到な計画を言うのではなく、
あれもこれもと地図の上を行きつ戻りつ
仮想旅行しながら旅をプラニングしてい
る時が最高に楽しいのではないだろうか。

IMG_8201.JPG



それらを経て計画が決まればある意味で
旅は半ば終わったと言えるかもしれない。
もちろんリアルな旅ならこその予期せぬ
出会いや予期せぬ発見によって2倍3倍
に楽しみが膨らむのであるが。



其の伝で言えば、先週期末休暇になって
からというもの台湾、ベトナムを旅した
ことになる。

IMG_8206.JPG



しかし、今回、困ったのは決断が鈍いこと
である。ぐずぐず決断しない自分に少々イ
ライラしてくる。なぜだろうか? 2018年
3月以降海外へ行ってないのだが、日が経
ってくると億劫になるのも事実のようだ。



はたして、これが老なのだろうか?結局、
最終的に今年も3年連続の「ぶらり冬の
東北(冬北)一人旅
」に決まり。

...(閑話 2019/12/24)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

家康から400年続く東京湾埋立

年末に「水の都ベネチアの浸水問題」というエントリーを書いた。
国の生い立ちも歴史も文化もそれぞれ違うが、水害リスクを身近に抱え持っているという点ではベネチアと東京はよく似ているのではないだろうか。ベネチアの浸水騒動に関連して東京のことを書いてみた。


▪️閑話3 家康から400年続く東京湾の埋立

東京湾_俯瞰図_7S.jpg 東京湾_俯瞰図_4S.jpg


 通常、「埋立て」は農地確保を主目的としたものが多いが、
家康の江戸開城に始まる東京湾の「埋立て」は、むしろ狭小
な地に居を構えた江戸幕府が、増大する江戸人口を収容する
ための市街地確保と、市内で発生する膨大な家庭ごみ処理場
の確保
という特殊事業のもとに展開されたそうで、基本的に
現在も「埋立て」は継続されている。…(閑話)


東京湾_埋立造成図.jpg 東京湾_埋立年代図.jpg

    
▪️参照資料
 ▼東京臨海部における埋立の歴史(遠藤毅氏)
 ▼東京の「埋め立て地」はどのように形成されてきたのか?(株Housmart)
 ▼古地図から浮かび上がる江戸400年の歩み(My Blog忙中閑話)




▪️閑話4 東京の高潮浸水リスク

ベネチアと東京
国の生い立ちも歴史もそれぞれ違うが、立地が葦の茂る水辺
・沼地に隣接した点は共通しているのではないだろうか。

その立地は国を守り栄えさせることに寄与した一方でそこか
らくる水害リスクは除去しきれず内包したまま現在に至って
いる。

すなわち、ベネチアでは近年の度重なる高潮による浸水災害
が、東京も同様に「高潮浸水被害」が想定される海抜ゼロメ
ートル地域が広がる。


東京_デジタル地図_1.jpg 東京_デジタル地図_2.jpg

高潮浸水想定地域_継続時間.jpg高潮浸水想定地域_浸水深.jpg


写真は東京都が作成した「高潮浸水想定区域図」と国土地理
院による「東京都の海抜を示すデジタル地図」である。

俯瞰的に見ると家康が江戸城を築城し始めた頃の立地状況が
そのまま現在に引き継がれて災害リスクとなっているのがよ
く見えて来る。…(閑話)

   
▪️参照資料
 ▼水の都ベネチアの浸水問題(My Blog忙中閑話)
 ▼高潮浸水想定区域図とは(東京都建設局)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | 社会・政経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

人生花づくし 🌸🌼🌻

新年おめでとうございます!

すこし休みがちだった「忙中閑話
を昨年末から再び書き始めました。
拙いブログですが本年もよろしく
お願いします。



▪️閑話1 今年の漢字余話

令災北金安

税輪金絆暑
新変偽命愛
災虎帰戦金
末独倒食震
   
  
これは令災北金安 と題する五言絶句...ではありません。
昨年発表された今年の漢字「」を加えた歴代25年
間に選定された漢字を降順に5個ずつ並べたものです。

IMG_E7801.JPG
   

'95年,'04年,'11年,'18年と繰り返した「災 (震-絆)
とその間に3度登場した「」が日本という国が持つ
抗いようのない宿痾とその上に暮らす人々の世相をよ
く表している様な漢字がします。 
    
願わくば大災のないことを。




▪️閑話2 人生花づくし

どういうわけか居酒屋などのトイレに味わい深い
人生訓のようなものが貼ってあることがよくある。

曰く、

「健康十訓」
「人の生き方」
「親父の小言」
「ひがみ七訓」
「つもり違い十ヶ条」

等々…

昨晩、仕事仲間との少し早めの今年最後の飲み会
で利用した居酒屋「花の舞」には写真のような「
人生花づくし 」が貼ってあった。

IMG_E7799.JPGIMG_E7796.JPGIMG_E7795.JPG


親の教えは   きくのはな
悪にそまれば  くずのはな
人のわるくち  くちなしで
愚痴とまやかし なしのはな
頭は垂れて   ふじのはな
笑顔あかるく  ひまわりで
愛をはぐくむ  ばらのはな
心きよらか   しらゆりで
香りも高き   うめのはな
迷いの綱は   きりしまで
罪と障りは   けしのはな
失意の胸は   なでしこで
世は移ろいて  あじさいの
翳り背負いて  ゆうすげで
月日は早く   たちばなで
年もつもれば  こけのはな
恍惚きざせば  ぼけのはな
露よりもろき  あさがおで
行者の照明   つげのはな
散り際さやか  さくらばな
先は浄土の   はすのはな


*「行者の照明 つげのはな」が難しいですね。
行者の足元を照らす明かりのような花?という
ことでしょうか?(請う教示)


…(閑話 2019/12/13)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする