2009年10月24日

東京モーターショー2009 開幕

週末土曜曇り
秋なのにいい天気が続かない
幕張では今日から東京モーターショーが開催されている
のんびり物見遊山といきたいが月末は身動きがとれない
山場を越えた来週末にでも行ってみることにして、今日
は読売新聞朝刊の6面も使ったショーの大広告から主要
なキーワードだけ引用させていただく。。




第41回東京モーターショー(10月24日〜11月4日:幕張メッセ)


ショーのテーマは、『クルマを楽しむ、地球と楽しむ。

世界経済不況の影響が色濃くアメリカ、ドイツ、フランスのメジャーがそろって不参加で、もはや国際モーターショーの体をなしていないといった厳しいニュース・コメントも見かけられるが、第41回目の東京モーターショーが開幕した。人生いろいろあって海あり山ありまた谷底もあり。そんな中、主催者のテーマは、「クルマに乗る喜びも、環境への取組みも、ともに楽しもうという思いを込めたメッセージ」だそうです。
昨今の経済不況や若者のクルマ離れ傾向など背景に、今回はクルマ好きな大人だけでなく、女性や子供さんにもクルマの素晴らしさを体感してほしいということで、入場無料を小学生から中学生に拡大し、試乗会の開催、自動車ジャーナリストによるショーガイドツアー、TOKYOFMサテライトスタジオ設置、などなど多角的にコンテンツを用意し、期間を通じ100万人の来場を目標としているとのこと
見所の中心となる展示車両は、ワールドプレミアが39台、ジャパンプレミアが22台。地球環境との共生ための様々なエコロジーへの対策、将来への展望なども目のあたりにすることができるとか。クルマの可能性や魅力を通して今一度「クルマへの憧れ」を持っていただきたい。こんな趣旨のことが開催者からよせられている。



トヨタ 

社会との共生を図りながら、クルマの個性を際立てる。

未来のモビリティ社会を想定した小型EVをはじめ、本格的普及を見据えたプラグインハイブリッド車、小型FRスポーツコンセプトまど、トヨタの思想を具現化した先端モデルを出典。

 ●世界初公開の小型EVコンセプトモデル FT-EVU
  ・iQより255mmも短い2730mmのボディに4人乗車、
  ・スティックで操作するドライビングワイヤ技術
 ●クルマ本来の魅力を提案する小型FRスポーツ FT-86Concept
  ・ハチロクの現代版
 ●家庭用電源から充電可能なPHVコンセプトモデル プリウス・プラグインハイブリッド・コンセプト
 ●才と彩を兼ね備えたハイブリッド専用モダン SAI
 ●フルモデルチェンジした本格FRセダン マークX



ホンダ 

『「ないものをつくれ。」をテーマに、Honda独自の世界を創出。

「夢」や「熱い想い」から様々なアプローチを試みた、ホンダならではの革新的かつ創造性あふれるモデルを出典。さらに電気自動車や電動二輪車、一輪モビリティなど、総合的な楽しさを表現する「HELLO!ゾーン」も設置。

 ●ASIMOの技術を生かした一輪モビリティ U3-X
  ・丸いの2つ繋いだようなやつ。。「モーター付き一輪車」
  ・ASIMOのバランス制御技術活用、重さ10Kg以下、速度6Km/H、
   1時間電池走行可能
 ●無駄無くシンプルさを極めた身時かな存在の新EV EV-N
  ・昔なつかし欲しかったN360の再来か
 ●世界初公開になる新感覚ハイブリッドモデル CR-Z CONCEPT 2009
 ●伝統の空冷直4エンジン磨きあげられた新しい「CB」 CB1100



SUBARU 

快適、信頼の新しい走りと地球環境への融合を目指して。

「人に心解き放つ瞬間を。」をテーマに、さらなる環境性能、走行性能、安全性能を実現。Co2ゼロの電気自動車やブランドコラボによるデザイン、市販車ベースのチューニングモデルなど、多様な可能性を提案。

 ●スバルのDNAを凝縮したグランドツーリングの未来型 スバルハイブリッドツアラー コンセプト
 ●Co2排出量ゼロ、エネルギー効率の高い最新式WV プラグイン ステラ
 ●「アイサイト」を搭載し、安全性を高めた新7シーター エクシーガ
 ●より快適に、パワフルに。進化しつづける人気モデル レガシィ



マツダ 

すべての方に、走る歓びと優れた環境・安全性能を。

クルマも、人も、地球も、みんながワクワクし続けられるサスティブルな未来の実現を視野に。2015年までに平均燃費30%向上を目指す先進技術を今日・明日・将来という時系列で展示。

 ●マツダの未来図を具現化するコンセプトとは
 ●明日の技術が生んだ次世代パワートレイン
 ●マツダのコンセプトを象徴する次世代コンセプトカー 清(きよら)
 ●今日の技術により「i-stop」を搭載
 ●新エネルギーへの対応は「将来の技術」により追求



NISSAN 

ゼロ・エミッションを中心に、日産の掲げるメッセージを発信。

「ゼロ・エミッション」を実現するEVをはじめ、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車、新世代CVTさらには最高セダン、小型スポーツクロスオーバーなど、業界の新しい時代を切り開く最先端技術を展示。

 ●日産のビジョンを集約した、ゼロ・エミッションEV リーフ
 ●最高峰のデザインとインテリア、性能が融合 フーガ
 ●ダイナミックスデザインのスーパースペース軽 ルークス
 ●小型スポーツとオフロードが融合した新ジャンルカー カザーナ
 ●まったく新しい提案のパーソナルモビリティ ランドグラインダー
  ・前後二人乗り、カーブで車体が内側に傾く


※各社モーターショー特設サイトは社名にリンク

■関連情報
 ▼東京モーターショー2009 写真(My Blog)←位置情報展示された車はコチラ



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 13:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

青いバラ(2)

 2008年2月13日に以下のエントリー『青いバラ』をアップしている。
そこには、開発に成功したサントリーが「平成21年中に発売できる見通しになった」と公表していた。


それから、過ぎること1年8ヶ月。

公表通り、満を持して発売される『青いバラ
その名は『喝采』、花言葉は『夢 かなう


遺伝子組み換え技術を用いて、世界で初めて開発に成功した青いバラ「サントリーブルーローズ アプローズ」は、開発に着手して20年近い歳月がたっているらしい。人ならオギャーと生まれて成人になる期間に相当するわけで、気の遠くなるような開発期間ですね。



「不可能な代名詞」と言われた『青いバラ』に苦節20年、バイオテクノロジーを駆使して「大輪の花」ならぬ「夢かなう花」を咲かしたサントリーの取組みは、まさに『大志を抱け』であり『継続は力』であり『ロマン』でもある。


サントリーの偉業に星屑ブログから「APPLAUSE=アプローズ=喝采ぴかぴか(新しい)』を贈ろう。



■関連情報
 ▼サントリー社HP(Official Site)
 ▼SUNTORY blue rose APPLAUSE(Official Site)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


青いバラ(08/2/13 Up)

 サントリーは、平成16年に世界で初めて開発に成功した『青いバラ』を、21年中に発売できる見通しになったと発表した。同社は平成2年、オーストラリアのフロリジン社と提携し、青いバラの開発に着手。開発過程にあった7年に世界初の『青いカーネーション』の開発にも成功し、9年に『ムーンダスト』の名称で日本で店頭販売を開始した。

 バラには元来、赤・白・ピンク・黄色といったさまざまな色の花があるが、青色の色素が存在しないことから青いバラは『不可能の代名詞』といわれてきた。サントリーはバイオテクノロジーを駆使して青いバラの開発に成功、『不可能を可能』にしていた。(産経ニュース参照)


花言葉は何になるのだろうか?


■もう一つの青いバラ『ベンデラブルー』

青いバラ_1.jpg『ベンデラブルー』は「ベンデラ」という品種の白いバラを、青い染料で吸い上げ方式で染めて作るそうだ。
そのため、葉も液体を吸い上げ枯れたようになってしまい、葉を楽しむことができないらしい。

そう言われれば、デジカメで撮った左写真の葉は確かに枯れたように映って見える。



心のバラ

バラと聞けば、自然に口ずさむ歌がある。
マイク真木が歌った『バラが咲いた』だ。
もう30年、もっと前になるのかな?
66年だとすると42年前?

バラが咲いた バラが咲いた まっかなバラが
寂しかった 僕の庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで
寂しかった 僕の庭が 明るくなった
バラよバラよ 小さなバラ

そして、いつの間にか散って寂しくなった
しかし、寂しかった僕の心に
いつまでも散らないまっかなバラが咲いた。

こんな感じの歌詞だった。
40年前。。思えば、ずいぶん遠くまで走ってきたものだ。


赤いバラは禁止

 サウジアラビアでは毎年、純潔推進・悪徳追放委員会が、バレンタイン・デーの2月14日を前に各商店に立ち入り、赤いバラや赤い包装紙、ギフト用ボックス、テディベアなどの撤去を命じるほか、バレンタインに関連する品々を押収している。
 あるイスラム教学者は、「イスラム教徒として、イスラム教以外のお祭りを祝うことはできない。特にこういった行事は、結婚前の男女が関係をもつという、ふしだらな行為を助長するものだ」と、バレンタイン・デーを強く非難している。


ばらばら ばら3題 あしからず (こりゃあ閑話)




ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

読書の秋 新書文庫の様々フェア

今日は最高の秋日和

なんとも気持ちのよい一日だった

くしくも郷里では秋祭りが最終日

数十年を経ても体が覚えた勇壮な太鼓台の音は

秋祭りの頃になると時空を超えて聞こえてくる

最近、俄に元気になってきた同窓会が

秋祭りに合わせて開催されたが行けなかった

学び舎に眉若き頃を共にした同窓の集まりが

懐かしく思える歳になってきたか




ところで、秋と言えば、読書の秋


書店にゆくと、あれこれ工夫をこらした出版社のフェアが目につく

その折に携帯で撮った各社のフェアを女子フィギュア決勝を見ながら整理してみた




■文春文庫創刊35周年 秋の100冊フェア 


文春文庫_秋の100冊フェア_1.jpg

〜 もうひとつの世界へ 秋の100冊特設サイト 〜



■知的生き方文庫25周年フェア 三笠書房


知的生き方文庫25周年フェア_1.jpg

週に一度、本屋さんに行く人は、必ず何かできる人
さ〜て?何ができるかな?

〜 見つけてくださいページがひらく明日の自分 三笠書房 〜



■知的にエロスを愉しむフェア 集英社新書


知的にエロスを愉しむフェア_1.jpg

〜 集英社新書 〜



■光文社新書8周年フェア


光文社新書8周年フェア_1.jpg

〜 知は、現場にある。 光文社新書 〜



■大「佐伯泰英」フェア 光文社文庫


大「佐伯泰英」フェア_1.jpg

〜 光文社 文庫 〜



■時代を創る佐伯泰英の新しい世界 読売新聞(09/10/16)


大「佐伯泰英」フェア_3.jpg大「佐伯泰英」フェア_2.jpg

〜 江戸のヒーロー「今」を斬る 〜



■爽やかに時代を斬る 対談(佐伯泰英VS長井好弘)


上記事と同じ佐伯氏と読売新聞の長井編集委員の対談集(07/2/10)
なぜ文庫書き下ろしの時代小説なのか、なぜ電車で読む小説なのか
佐伯時代小説の真骨頂がよく分かる記事です
↓           
〜 第9回「爽やかに時代を斬る」(21世紀活字文化プロジェクト) 〜



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

東京スカイツリー世界一へ設計変更

位置情報更新 2011/3/1
通勤の道すがら木犀の香
がそこはかと匂ってくる
時節となってきた。。


金木犀_1.jpg


木犀の 香ほのかに 朝の道



ところで、
今朝の読売朝刊の小さな囲み記事に、東京スカイツリーが完成時の高さを当初の610mから634mに設計変更すると報じられている。



■閑話1 東京スカイツリー世界一へ設計変更 高さ634mに


そのまま引用させて頂くと《中国・広州で今年末に完成予定のテレビ塔(610m)が、カナダ・トロントのCNタワー(533m)を抜き、ワイヤで支える必要のない自立式の電波塔としては世界一の高さになるため、同社(事業会社の東京タワースカイツリー)は「2012年春の開業時に世界一と言えるようにしたい」と、設計変更に踏み切った。同社は06年11月、新タワーの高さを610mと公表したが、これは当時、ニューヨークの世界貿易センタービル跡地に建設される「フリーダム・タワー」の高さが約609mで世界一になると報道されたのを意識したものだった。今回の設計変更は、塔本体の上に設置されるアンテナ部分を、96mから120mに延ばして対応する。新たに設定した高さは、東京とその周辺の旧国名「武蔵(むさし=634)」から決めたという。
この日は、スカイツリーの夜間照明のデザインも発表、水色と江戸紫を基調にした2種類の証明が1日おきに塔を彩ることが明らかになった。》と。

アンテナの部分を24m伸張させて634mにするわけですね、
それはそれで結構なのだが、高層ビルなどのニュースで「世界一」というのは、いつも紛らわしいことが多く、今回は『自立式の電波塔としては』と断っているので間違いないのだろう。。と思いつつも暇ではないが、少しSkyscraperPageで世界のTowerをリストしてみると、上記事の説明に対して疑問がおきてきた。


Skyscraperで見るフリーダム・タワー(新貿易センタービル・タワー1)はアンテナ先端で541.3m。ついでに日本版Wikipediaも確認すると541mである。

9・11から5年がたった2006年9月10日頃に同7日付けで発表された新貿易センタービル3棟の完成予想図が写真入りで同じ読売新聞に掲載されていたので、それを題材にして『グラウンド・ゼロ5年後の今』というエントリーを書いたが、その際に参照したSkyscraperでもフリーダム・タワーは541.3mではなかったかと思う。しかも同年の着工である。

従って、上記事で「東京タワースカイツリーが2006年に高さを決めるのに参考にしたフリーダム・タワーの高さ609m」とは、どこからきた値なのだろうか?当初は609mだったが、その後、何らかの理由により高さを下方修正したのだろうか?

また、上記事では東京タワースカイツリーが06年にスカイツリーの高さを610mと公表した際に、中国・広州に建てられるテレビ塔(610m)の高さを知らなかったように取れる書き方をしているが、同じSkyscraperにはしっかり前年2005年着工の広州のテレビ塔が高さ610mとして登録されているので、後日追加登録されたのでなければ、高さ情報として把握できていた可能性が高いのではないか?

というより、中国広州のテレビ塔が610mで今年末に完成することを知っていたからこそ、スカイツリーの高さを610.6mとして、わずか60cmの差だが、完成時世界一にしようとしたのではないかとさえ思えてくるが??

まー、何はともあれ、東京タワースカイツリー社がスカイツリー完成時に中国広州のテレビ塔と比較して「世界一の高さ」と胸をはれるだけの高さに設計変更することは、何も問題ない。小生のような野次馬にはそのほうが余程すっきりするというものだ。


しかし、新聞は例え小さな囲み記事とは言え、背景情報などもう少ししっかり調べて、何かどこか少し違うのではないかと疑問を抱かせるような記事を書いてはいけないのではないか?よく分からないが、だいたい高層建築の高さを扱った記事には、こういった疑問を生じさせるのが時々あるように思う。。(閑話)


位置情報2011/3/1追加 AFPBBNewsは広州タワーを600mという。上記は610m。頭が痛くなってくる??



■閑話2 東京タワーより高い塔の一覧


巨大高層建築の謎_1.jpgもうひとつ以前に読んだ『巨大高層建築の謎』(サイエンス・アイ新書高橋俊介著)より東京タワーより高い塔の一覧を引用させていただく。

同書初版の発行日は08年10月24日だが、確かに中国広州のテレビ塔が入ってないので、中国広州のテレビ塔は情報非開示をして専門家でも08年時点で(ましてや06年時点ではなおさら)把握できなかったのかもしれないと考えられなくもないが??


【東京タワーより高い塔一覧】
World_Tower_1.jpgピンクが自立式鉄塔
水色が鉄筋コンクリートタワー
黄色が支線式鉄塔
グレーが超高層ビル を示す。
手書きで書き込んだ順番は、SkyscraperをTowerで検索して表示された順位で、SkyscraperでいうTowerは自立式鉄塔と鉄筋コンクリートタワーのようにも見える。


World_Tower_List_1.jpgついでに、
Falling in love with Tianta
愛上天塔(AISHANGTIANT)
で知られる中国天津タワーに
登った折に撮った世界のタワ
ーの高さ順リストをピンぼけ
ですが添付しておきます。。



■関連情報
 ▼東京スカイツリー 高さ634メートルに変更「世界一」(Asahi.com)
 ▼東京スカイツリーは634(むさし)m に ライティングは「粋」と「雅」(ITMedia)
 ▼Tokyo Sky Tree(Official Site)
 ▼東京スカイツリー(My Blog)
 ▼新東京タワーが表徴するもの(My Blog)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

F1日本グランプリ鈴鹿観戦記

遅めに目覚めた日曜の朝
南の窓を開けると雲一つない青空
に心地よい日ざしが射込んでくる
今はもう秋であり秋最中でもある


ところで いろいろあった一週間



■閑話1 台風一過


2009_台風一過.jpg日本列島を縦断していった18号
台風一過となった東京午後の空は
抜けるような青空に台風の余韻を
残す白い雲が足早に駆抜けてゆく
そんな台風一過の空を携帯で撮影

10月8日東京 by SH-01A



■閑話2 オバマ大統領ノーベル平和賞を受賞


台風一過の週末、大きなサプライズが飛び込んできた。

人類に寄与する偉大な業績に対する最高権威な表彰がノーベル賞とすれば、先のゴア前副大統領の平和賞受賞といい、必ずしも結果の出ていない業績に対する表彰は少し頭を傾げるでもない。案の定、足下の米国共和党等からは受賞を辞退すべきなどという異論もでているようだ。しかし、平和賞の意味合いからすれば、どうころぶか知れない結果を座して待つより、大いなる世界平和への取組みを結実させるべく、取組み過程での表彰を通して後押ししようとするやのノーベル財団の受賞選考評価の考え方は妥当なのではないか。時代の変遷に伴う評価基準の変遷があってもよいと思う。
ビジネス世界では聞き慣れた言葉だが、結果よりプロセス重視。平和賞はプロセス重視型にチェンジしつつあるのかもしれない。



■閑話3 F1世界選手権シリーズ第15戦日本グランプ 鈴鹿


去年、はじめて観たF1の観戦記に『F1は、まさに耳を劈くメカニカルな轟音であり、轟音をして湧き上がる興奮は感動・感性の揺らぎをもたらし定形化し自分時間を埋め尽くす仕事時間の狭間のひと時のオアシスでもあった』と記している。今読むと少しカッコをつけすぎのようだが、そんなことで今年は鈴鹿に行ってきた。


F1_Suzuka_R3.jpg2009 SUZUKA AGAIN
ただいま鈴鹿。おかえり日本グランプリ
3年ぶりにF1が戻ってきた日本GP鈴鹿開催のキャッチコピーである。短いフレーズに20年に渡るF1鈴鹿を培ったファンや地元関係者の熱い想いが凝縮されているように感じる。

いつものように間際になって思い立っては突如の行動パターンゆえチケットが入手可能か少し心配したが、価格帯が半ば当たりの空席C2をでローチケでゲット。往復は高速割引で車を利用するとして、後は駐車と宿泊先をどうするか。そこで、夏休みに初めて利用した関宿の旅人宿・石垣屋さんに打診し快い宿泊OKをゲット。帰路は最終日曜の24:00迄に高速に乗れば高速割引利用可。経費はおおよそ1.3万(往復高速料金3100円+ガソリン代3000円+電車代2日往復2480円+宿泊費3000円)。これで気ままなF1観戦一人旅が固まった。あとは出たとこ勝負の成行きまかせ。

仕事を終えた金曜深夜(正確には日を超した土曜の1:00)に自宅を出て一路鈴鹿に向う。祭りの笛太鼓の音が徐々に大きく聞こえてくるほどに心が弾んでくる様相よろしく、深夜の東名を鈴鹿に向けて走っていると徐々に期待が膨らんでくる。20年遅れてきた若者ならぬおやじの小さな愛車トヨタiQを駆っての深夜400KmF1観戦単独走である。まー、娘にかかるとこの馬鹿親父なにをやってんだかではありますが。(~×~)

8時過ぎに関宿の旅人宿・石垣屋さんに到着。宿泊手続きを済ませ荷物と車を置かせてもらった後、関宿→亀山→河原田→すずかサーキット稲生と電車で鈴鹿へ。乗り継ぎ連絡が順調だと45分、長くて90分。電車の外は緑一色。時おり見える色づいたコスモスの群生が風にそよぎ、白鷺?が稲田に群れている。のどかな田園風景を満喫。一方、河原田で近鉄に乗り換えると車両は超満員の熱気むんむん。一気に観戦モードが高まる。一杯写真をとったわりには雰囲気を伝えるいい写真がほとんどない。F1観戦の写真ってなかなか難しいですね。以下のようにまとめてみたのでちょっとだけ雰囲気をご笑覧下さい。


F1日本GP(鈴鹿サーキット)
F1_Suzuka.jpg



F1_Suzuka_11.jpgレースはレッドブルのベッテルがポール・トゥ・ウィンでシーズン3勝目をあげた。2位以下と競ったのはスタート直後の1周で、後は周回を重ねるごとに差が開いた。お目当てのマーク・ウェバーは初日予選クラッシュ?とかで決勝は最後尾スタート。一人レースの蚊帳の外だった。それでも決勝最終周回でファーステッドラップを叩き出し、これぞウェバーというところを見せてくれた。中嶋は、初日こそよかったものの調子があがらず決勝15位に低迷した。過去、F1日本人ドライバーは鈴鹿に帰ると何か見せ場をつくったものだが、捲土重来を期待しよう。

ドライバーとコンストラクターの年間チャンピオンを目前にしたブラウンGPは、バトン、バリチェロ共に予選イエローフラッグ無視の5位降格スタートとかで余り見所がなかった。結果的に後1ポイントでコンストラクターズ部門のチャンピオンになるが、捨てたホンダの地元鈴鹿でのチャンピオン決定は余りにも皮肉な結末なので、レースの神様は先送りしたのかな? レースの詳細はマニアの方や専門サイトを参照されたく。


ところで、2006年までに20回の開催を重ねたF1が鈴鹿から消えたのは07年。トヨタ系富士スピードウエイでの開催開始による。その富士開催も折からの世界経済不況を耐えられず、ささと撤退へ。結果的に今後3年間およびF1日本グランプリの開催はホンダ系鈴鹿サーキットに戻ってきたことになる。

明け方の富士.jpg見方によれば今年のF1は日本勢への皮肉尽くめと言えなくもない。第3期F1参戦の必勝を期して昨年期中の戦いをさしおいて勝てる車体開発に専念したホンダは、一度もその車をして走ることなく撤退へ。ただ同然に譲り受けたブラウンGPは前半の破竹の進撃でドライバーとコンストラクター両部門の年間チャンピオンの座をほぼ手中にした。鈴鹿で決めないのは金をつぎ込んでくれたホンダへの気遣いかと??一方、富士開催を捨てたトヨタはホンダのサーキットで新社長まできて2位に歓喜するありさま。そんなに喜びたければ自社配下の富士で喜んだらどうかと言いたくもなるが。なにかちぐはぐ、どこか歯車が狂っている。

新興国のF1招致合戦が激しい中、20回に及ぶ開催実績をしてF1の発展を支え、数々の名勝負を生み出してきた日本GPは、今日のモータリゼーション社会における確固としたモータースポーツ文化として自動車産業界は庇護し発展させるくらいのノーブレス・オブリージュを発揮して頂きたいものだ。世の中おしなべてエコカーに向う中、風が吹けば桶屋が儲かる式の経済不況対策も分からぬではないが、この根の浅い取組み姿勢は先進国と称してきた日本に共通のものかもしれない。

そんな中、2010年の鈴鹿開催を契約したモビリティランド大島社長の声明『F1日本GPの歴史が途切れることを回避するのが当面の私共の役割と認識し、開催を決定しました。鈴鹿における新しいF1 の歴史を築けるよう、地域の皆様と力をあわせ、まずはこの10 月の大会に全力を注ぎ、ファンの皆様の期待にお応えして参りたいと思います』が唯一、モータースポーツファンに向けた関係者の心意気として聞こえてくる。

団塊世代のばかおやじには、秋風とともに『夏草や兵どもが夢の跡』では心情的にちと受け入れがたいのだ。しかして、来年も一本の葦として鈴鹿へ馳せ参じることにする。もっともその前にママチャリ鈴鹿レースへのお誘いをどうするか考えなくてはいけないが??(閑話・閑話)



■関連情報
 ▼F1シンガポールGP観戦記(My Blog)
 ▼F1 日本グランプリ決勝 in 鈴鹿サーキット '09.10.04(AOL Video)
 位置情報みたっかたF1鈴鹿を走る可夢偉(My Blog)


■余話

石垣屋でお会いした京都、福岡から見えられた旅人さん、また、お会いしましょう。
亀山から見えられた旅人さん、『クレア & 香』のCDありがとうございました。しっかり聞きましたよ。この広い世界で初めてあった方と共通の接点があるなんて旅ゆえでしょうか。偶然に乾杯です。なんとかお返しをしなくては。。翌日の旅人さん、カリブとスーパーカブの調子はどう?今どこを走っているのかな?石垣屋のご主人卓哉さん駆抜け一宿ありがとうございました。また寄らせてもらいますよ。。




ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする