2012年09月30日

夏の文庫フェアー(-2012年)


夏の文庫フェアーが始まりましたね

いつも控えめに整然と並ぶ文庫本の棚が、この時期になるとにわかに色づき賑わう。
緑や黄色の帯をまいた文庫本の一群は、どこか本屋さんを彩る花畑のようでもある。


...などと書いたのは2010年。
その夏、中国に転じてからすっかりブログの更新が滞っている。

それでもサイバーの広大な空間に消滅することなくかすかな光を放っているのは、
YahooやGoogleの検索と何よりも今だに”お気に入り”登録からのアクセスによる。
顔見えず、名知らぬご訪問者に深く感謝申し上げます。

キーワード検索で生き残るブログが私の目指すところだが、
そんな強がりめいた言葉もかなり危うくなって来た。
先々週のアクセスログを分析してみると、
1日当りの平均アクセスが、
訪問者数:137人、頁ビュー:314頁
に落ちて来た。

Wao! なんとかしなくっちゃ。。
しかし、一度狂った歯車を元に戻すのはなかなか難しい。
何か書こうと想っても集中も根気も続かない。
さりとてブログを捨てることもできず、
100万アクセスは達成したい。

ということで、
化石化脱皮の養成講座を終えた気楽さもあって、
徒然なるままに、日暮らしPCに向かいて、
窮余の繋ぎ駄文をひとつしたためん。

いえいえ、その実なにも書いておりません。
夏の文庫本フェアーの小冊子の表紙を追加して、
2007年からの表紙の変遷を見るだけのもの。
どうかあしからず。
でも何とかした〜い。
(閑話)



2012年版

Bunko_2012_Shinchou.jpgBunko_2012_Kadokawa.jpgBunko_2012_Syuueisha.jpg



2011年版

Bunko_2011_Shinchou.jpgBunko_2011_Kadokawa.jpgBunko_2011_Syuueisha.jpg



2010年版

2010_新潮社_1.jpg2010_角川文庫_1.jpg2010_集英社_1.jpg


2009年版

2009_新潮文庫の100冊_3.jpg2009_角川文庫夏の100冊.jpg2009_夏の一冊集英社文庫_2.jpg


2008年版

2008新潮社夏の100冊.jpg2008角川文庫夏の100冊.jpg2008集英社夏の100冊.jpg


2007年版

V100_1.jpgp?100_1.jpgWp??_1.jpg




■関連情報
 ▼2010年夏の文庫キャンペーン(My Blog 忙中閑話)
 ▼新潮文庫の100冊1012年(新潮文庫)
 ▼発見!角川文庫 祭2012年(角川文庫)
 ▼集英社 ナツイチ WONDER LAND 2012年(集英社文庫)

 位置情報★新潮文庫の変遷:ぴかぴか(新しい)絶対お薦めお宝サイト
  ▼新潮文庫の変遷(1961-2012)(海鹹河淡)
  ▼新潮文庫のささやかな秘密(ほぼ日刊イトイ新聞)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 01:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする