2010年02月11日

開幕まじかF1世界選手権

世界同時経済不況が痛撃する自動車業界。それを象徴するかのトヨタの苦境。世界一の販売数を達成した直後に襲った世界経済不況はトヨタをしても8000億の損失を計上させ、苦難の立て直しに取り組む最中に追い打ちをかけるリコール問題。。

本業専念に舵を切りF1撤退を決めたトヨタにレースのホンダにBMW。一時はメルセデスやフェラーリさえも撤退かと噂され、2010年F1グランプリが成り立つのかとファンの気をもませたが、どっこい手ぐすね引いて空き枠に参入してくる新規チームありで2010年F1は昨年よりも多い13チームが出そろった。1月末から各チームは新レギュレーションに基づく2010年向けF1ニューマシンを次々と発表し、2月に入ると計3回の合同テストが始まっている。2010年F1グランプリは3月12日に開催されるバーレーン初戦に向け1ヶ月に迫ってきた。

さて、そのF1だが2010年はある意味で2009年より話題性に富みファンには興味深いシーズンになるのではないか。話題ということでは、なんと言っても『シューマッハの復帰』がある。グランドチャンピオンになったドライバーが引退後、再び復帰した例はなく、さまざまな意味を込めて『勇気ある挑戦』と言われている。そして、ホンダ、トヨタが撤退した日本人にとっては『小林可夢偉のザウバーでのフル参戦』だろう。新人発掘育成の名伯楽ザウバー・オーナーの目に留まった小林の活躍が最も期待される。合同テストでもバレンシアで2位、今行っているヘレス初日は5位につけている。どこか期待できそうな予感がする。シューマッハ2世とも言われるウイルアムズが育てた新人ニコ・ヒュルケンベルグとの争いも面白そうですね。
レギュレーション&ルール面では09年ほど劇的な変更はないそうだが、中でもレースに影響を与える最も大きな変更は『レース中の給油禁止』と言われている。ピット戦略による順位逆転はピットとドライバー一体の文字通り総力戦と言えなくもない。順位が確定したかの中終盤の平板なレースに変化をもたらす契機といえなくもないが、やはり走りの勝負にこしたことはない。しかし、どうなんだろう?マシン性能の差が09年以上に効いてオーバーテイク増を狙った変更が裏目に出る可能性も高いんじゃないかなどと素人考えするが??他の変更には燃料タンクの大型化、それにに伴う車体重量増、ホイルベースの長化、前輪タイヤの狭幅化、ポイントシステムの変更、、などがあるようだ。いろいろと話題性に富む2010年F1開幕もすぐそこですね。球春ならぬ車春まじかとなりにけりである。

ところで、間違えれば落命に通じる命を賭けた男の戦いほど心奪われ熱中するものはない。待った無しの真剣勝負。死力を尽くした後は素直に相手を讃え合う爽やかさ。数あるスポーツの中でもボクシングとF1が原点のように思うが、先日の亀田某の世界戦を見ているとボクシングも地に落ちたと感じた。長谷川選手ならチャンピオンと呼ぶに値するが、海老原、青木勝利、ファイティング原田の頃から歴代の日本人世界チャンピオンを見ていると、先日の世界戦なんてものは総ぐるみの興行狙いの猿芝居のような感じがする。相撲界だけじゃないね。??話が脱線してきた。そんな開幕真近のF1ニュースをAFPBBNewsから引用させていただく。。(閑話)


■2010年各チームのF1ニューマシン  モータースポーツ車(セダン)車(RV)

2010年F1日程

1回  3月12日〜14日 バーレーン (Sakhir)
2回  3月26日〜28日 オーストラリア (Melbourne)
3回  4月02日〜04日 マレーシア (Kuala Lumpur)
4回  4月16日〜18日 中国 (Shanghai)
5回  5月07日〜09日 スペイン (Catalunya)
6回  5月13日〜16日 モナコ (Monte Carlo)
7回  5月28日〜30日 トルコ (Istanbul)
8回  6月11日〜13日 カナダ (Montreal)
9回  6月25日〜27日 ヨーロッパ (Valencia)
10回  7月09日〜11日 イギリス (Silverstone)
11回  7月23日〜25日 ドイツ (Hockenheim)
12回  7月30日〜8月1日 ハンガリー (Budapest)
13回  8月10日〜12日 ベルギー (Spa-Francorchamps)
14回  9月10日〜12日 イタリア (Monza)
15回  9月24日〜26日 シンガポール (Singapore)
16回 10月08日〜10日 日本 (Suzuka)
17回 10月22日〜24日 韓国 (Yeongam)
18回 11月05日〜07日 ブラジル (Sao Paulo)
19回 11月12日〜14日 アブダビ (Yas Marina Circuit)


■関連情報
 ▼各チームのドライバーとF1ニューマシン(F1.com)
 ▼テスト(F1.com)
 ▼F1(F1.com)
 ▼F1ヘレス合同テスト初日結果(F1-Gate.com)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 18:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック