2012年10月04日

F1日本グランプリ観戦に代えて

何事も過ぎ去るものに
いくばくかの感傷を覚
えるのは世の常人の常

数々の出来事を胸に焼
付け夏が去って行った



そして、秋



 仲秋の名月が巡りくるように、秋になるとF1日本グランプリも巡りくる。今年3月、オーストラリアグランプリで始まった2012年 FIA F1世界選手権シリーズの第15戦が、今日から3日間、三重県の鈴鹿で開催される。

 F1グランプリが開催される鈴鹿サーキットは、モーターファンにとっての聖地と言える。この期間、全国から聖地を目指し馳せ参じたモーターファンでサーキット周辺は熱気に包まれる。

 かくいう私も2008年、2009年、2011年とF1観戦に馳せ参じている。私にとってのF1とは、まさに耳を劈くメカニカルな轟音であり、轟音をして湧き上がる興奮は感動・感性の揺らぎをもたらし、定形化し自分時間を埋め尽くす仕事時間の狭間のひと時のオアシスなのだが、、残念無念、今年は諸件勘案し見送ることにした。

 そんなこともあって、以前書いたF1/車関連のMy Blog記事を見ながらGoogle検索でヒット状況を調べて遊んでいると、Wao! けっこう健闘しているではないか。気慰めにこれらをリストしてF1観戦記事に代える。


■My Blog F1/車関連記事Googleキーワード検索の結果

世界一安い車インドのタタ発表(2008/1/17)
   記事名:8位/41,000件 世界一安い車:24位/7,790,000件
F1シンガポールGP観戦記(2008/10/4)
   記事名:157位/311,000件
さらば、ホンダF1(2009/5/9)
   記事名:4位/655,000件 ホンダF1:278位/4,700,000件
基礎から分る自動車業界再編成(2009/6/9)
   記事名:1位/176,000件
3年後に生き残る車とは(2009/6/21)
   記事名:4位/2,270,000件
小さな愛車トヨタIQ走行記(2009/8/29)
   記事名:1位/28,400件 トヨタIQ走行記:1位/68,600件
   愛車トヨタIQ:1位/425,000件 愛車IQ:1位/563,000件
F1日本グランプリ鈴鹿観戦記(2009/10/11)
   記事名:2位/34,700件 F1日本グランプリ鈴鹿:384位/983,000件
東京モータショー2009開幕(2009/10/24)
   記事名:5位/138,000件
開幕に向けF1書籍の発行相次ぐ(2010/2/25)
   記事名:1位/24,300件 F1書籍:36位/2,990,000件


★記事名はキーワードとしてユニーク度が高いのでヒット結果は自ずと「総数少なめ・ランク上位」にくる傾向が高い。一方、『ホンダF1』や『世界一安い車』『F1書籍』など、記事名の一部分をキーワードとした場合は、絞り込みが甘いためヒット総数は多くなり数百万件を数えるものもあるが、その中でヒットランクが上位な記事は、ネット上でそれなりに参照され活躍しているとも看做せるのではないだろうか。

もっとも、それもこれもGoogleの検索システムあっての話ではあるが。(閑話)




F1_Japan_1.jpg 位置情報PS. 可夢偉がついに3位に入賞しましたね。まずはお目出度う。これまでもトップグリッド、トップ下グリッドのスタートを確保しているのだが、その時に限って不可解なスタートでファンの期待を裏切って来た。今回は鈴鹿ということもあってか、やりましたね。鈴木亜久里、佐藤琢磨に続く久々の日本人ドライバー入賞で鈴鹿は沸き返っていることだろう。歓声が聞こえてくるようだ。
 
 
 
ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295379925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック