2012年10月12日

佐伯泰英・密命のMyBlog総集編

金杉惣三郎をご存知だろうか。

享保時代を舞台とする作家佐伯泰英氏の「密命」シリーズの主人公である。

ほとんど時代小説は読んだことがなかったのだが、
昨年(2005年)暮れ、父親の葬儀に帰省した折に駅の売店で買った「追善」が面白く、
以来、密命シリーズ全13巻と補助本「密命読本」を一気に読み上げた。

密命_晩節.jpg これがMy Blogで佐伯泰英の『密命』について書いた最初の一文である。時期は2006年。24巻「晩節」でシリーズが完結した今、振返ってみると、この年はシリーズのちょうど中間点であったことが分かる。それ以降は半年に一冊ペースの発刊を今か今かと待ちわび、通勤読書でむさぼるように読んだものだった。

 佐伯氏が初めての時代小説『密命』に込めたものは、バブルが弾けて仕事で自信を喪失し、家庭に居場所を失った企業戦士(=武士)への優しい労りの気持ちではなかったか。「今の日本で夢を語るのは難しくても、時代小説なら、夢や人のぬくもりを存分に描ける。文庫なら値段も安く、読者に届きやすい」。これが1998年に出版された「密命」シリーズ第1作だったと氏自身が語っている。
 
 同時に、このことはご自身の人生にも当てはまる。写真家を経てノンフィクション作家となり18年。この間に30冊に余る本を書いているが、どれも初版止まり。98年には出版社から絶縁されかけ、編集者が漏らした言葉が「佐伯さんに残されたのは、時代小説か官能小説だな。」であったそうだ。本を書く以上、版を重ね多数の人の厳しい目に晒され評価され、やがて文庫本に収められる作品を目指したそうだが、ここを契機にして「書下しの佐伯・職人小説家佐伯」が誕生して行くのである。氏の小説家としての挫折感は、バブルに沈む企業戦士の挫折感に重なったのであろう。

職人作家_佐伯泰英.jpg 58歳で時代小説の書下ろしに転じ、8年間で80冊以上、2006年に累計部数が1000万部を超えた。業界の偉業だそうだ。途中で高血圧を患ったりしたが、多くの人気シリーズを並行的に書き下ろし、今や押しも押されぬ大作家。しかし、ご本人は自身を「職人小説家」と称してつつましい。

 そこそこ通勤読書はしたが、周囲を忘れて読みふけった本は『密命』しかなかった。頭が痛くなりそうな小難しい本もあれば、途中で嫌気が指して読むのを止める本もあり、いろいろだが、『密命』だけは一気に集中して読め切ったものだった。知らず知らずのうちに佐伯氏の意図した「夢やぬくもりを存分に」に包まれて楽しませてもらったのだと思う。

 そして、私のサラリーマン生活引退と前後して『密命』シリーズも幕を閉じた。通勤読書の神様は、どこまでも優しくつき合ってくれたように思える。『密命』シリーズを与えてくれた氏に感謝し、今後の益々の活躍を祈念してMy Blogの『密命』シリーズ総集編としよう。(閑話)


■ My Blogの『密命』読後感想文

『密命』はどこへ行くのだろうか。その先は著者のみぞ知るところ。否、今はまだないのかも知れない。《外は霜夜。森閑として音もない。女の手から針が落ちて糸がしゅるしゅると穴を滑り、筵に落ちた音さえ聞き分けられる静寂を感じ》つつ未明に著者が打つキーボードから宇宙を両断するが如くに凡人には予期できない展開を生み出してくれるのであろう。

2006年03月29日 密命 金杉惣三郎と歩く江戸の町(その1)
2006年04月16日 密命 金杉惣三郎と歩く江戸の町(その2)
2006年04月29日 密命14版(遠謀 密命・血の絆)発売された
2006年06月06日 古地図から浮かび上がる江戸・東京400年の歩み
2006年09月02日 密命 金杉惣三郎と歩く江戸の町(その4)『密命15巻 無刀』
2006年09月09日 時代小説1千万部超えた佐伯泰英
2006年11月11日 密命 金杉惣三郎と歩く江戸の町(その5)
2007年06月17日 密命 金杉惣三郎と行く米国『密命16巻 烏鷺 17巻 初心』
2007年06月25日 週末つれづれ 佐伯泰英・密命他
2007年12月20日 佐伯泰英 『蜜命18巻・遺髪』
2008年04月27日 私のいちばん 講談社文庫100冊
2008年04月28日 佐伯時代小説に登場した上海
2008年05月27日 コカコーラが日本完全制覇?
2008年07月20日 佐伯泰英 『密命19巻・意地』
2008年12月23日 佐伯泰英『密命20巻 雪中行』
2009年04月18日 2009年 新書大賞・本屋大賞
2009年04月26日 佐伯泰英 『難航』読んで
2009年06月14日 密命21巻・相剋と山寺の謎
2009年07月05日 佐伯泰英『密命21巻 相剋』
2009年10月18日 読書の秋 新書文庫の様々フェア
2009年11月01日 佐伯泰英 『海戦』読んで
2009年12月16日 佐伯泰英『密命22巻 再生』
2010年06月12日 佐伯泰英『密命23巻 仇敵』
2011年01月12日 佐伯泰英『蜜命24巻 切羽』


■ 佐伯泰英『密命』シリーズ

読書の順  シリーズの順&タイトル  背景の年代    刺客
------+-------------------------------------------+--------------------+-------------------

H  @密命 見参! 寒月霞斬り 宝永六年(1709年4月) 日下左近 
I  A密命 弦月三十二人斬り   享保元年(1716年7月) 岩殿禅鬼 

G  B密命 残月無想斬り 享保二年(1717年節分) 石動奇獄 

A  C刺客 密命・斬月剣 享保三年(1718年5月) 四辻卿ら7刺客

M  D火頭 密命・紅蓮剣 享保四年(1719年師走) 野津虎之助

B  E兇刃 密命・一期一殺 享保六年(1721年新春) 九重馬之助

C  F初陣 密命・霜夜炎返し   享保六年(1721年夏) 菊小童
E  G悲恋 密命・ 尾張柳生剣 享保六年(1721年師走) 軽部駿次郎

F  H極意 密命・御庭番斬殺   享保七年(1722年仲秋) 尾張柳生7刺客

D  I遺恨 密命・影の剣 享保八年(1723年正月) 鷲村次郎太兵衛

J  J残夢 密命・熊野秘法剣   享保八年(1723年4月) 石突不動

K  K乱雲 密命・傀儡剣合わせ鏡 享保八年(1723年)   一膳坊

@  L追善 密命・ 死の舞 享保八年(1723年師走) 柳生一太郎
L  ◎「密命」 読本  元禄三年(1690年)
N  M遠謀 密命・血の絆
O  N無刀 密命・親子鷹
P  O烏鷺 密命・飛鳥山黒白
Q  P初心 密命・闇参籠
R  Q遺髪 密命・加賀の変
S  R意地 密命・具足武者の怪
21  S宣告 密命・雪中行
22  21相剋 密命・陸奥巴波
23  22再生 密命・恐山地吹雪
24  23仇敵 密命・決戦前夜 享保十一年
25  24切羽 密命・潰し合い中山道 享保十一年
26  25覇者 密命・上覧剣術大試合 享保十一年(1726年霜月)
27  26晩節 密命・終の一刀 享保十六年(1731年) 安濃万蔵


■関連情報
 ▼佐伯泰英・密命(公式サイト)
 ▼佐伯泰英(Wikipedia)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。

■『密命』の登場者
 

■ 惣三郎の家族

惣三郎:     延宝三年(1675年)生れ 享保十一年(1731年)死去(享年56)

しの:      天和二年(1682年)生れ 七つ違い

惣三郎あやめ祝言:元禄十六年(1703年)惣三郎二十八歳

清之助:     宝永元年(1704年)誕生 

みわ:      宝永四年 (1707年)誕生

あやめ:     同年死去

惣三郎しの出会い:宝永六年(1709年5月)小田原逐電5日後、京橋の夕顔で出会

結衣:      宝永七年(1710年)誕生 

惣三郎しの祝言: 享保二年(1717年)

惣三郎三十五歳しの二十八歳

■ 関係者

荒神屋:   喜八、松造、とめ

冠阿弥:   膳兵衛、さき、治一郎、忠蔵

め組:    辰吉、つや、登五郎、お杏、鐘馗の昇平
伊吹屋:   金七、葉月

南町奉行:  大岡越前守、織田朝七、西村桐十郎、野衣、房之助、静香、三児

車坂石見道場:石見鐵太郎成宗

鹿島米津道場: 米津寛兵衛、梶山隆次郎

水野屋敷:  水野和泉守忠之、佐古神次郎左衛門、佐々木治一郎

豊後相良藩: 斎木高玖、麻紀の方、庵原三右衛門、寺村重左エ門

江戸幕府:  徳川吉宗、有馬兵庫守氏倫、跡部弦太郎

尾張徳川:  徳川継友、徳川宗春、柳生駿河守秀直、東條龍偽

下野国茂木藩:棟方新左衛門実忠



■ 8代吉宗在位期間

徳川吉宗:   貞享元年(1684年)〜寛延4年6月20日(1751年)死去(享年68)

在位:     享保元年(1716年)〜延享2年9月25日(1745年)家重に譲る

大岡越前守忠相:延宝5年(1677年)〜宝暦元年12月19日(1752年2月3日)(享年75)

posted by 不惑永遠 at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック