2017年02月23日

真壁のひなまつりと珈琲

風の強さが出際を鈍らすが
春一番が吹き荒れた日、噂
に聞いていた「ひな飾りの
真壁
」を訪ねてみた。
  
  
IMG_5094.JPG
  
  
そんな真壁で出会った二軒
の喫茶店の閑話を一つ。。
  
  
 
   
橋本珈琲
  
IMG_5142.JPG
  
  
創業江戸時代の風情を残し国の有形文化財に登録された橋本旅館母屋に内設された「橋本珈琲」は2013年にグッドデザイン賞を受賞している。珈琲大好きの若女将が本業と併せて切り盛りしている。
  
  
IMG_4580.JPG実は迂闊にもと言うか、私はこの喫茶室を利用してないのだ。素泊まり早朝出発の際に朝の珈琲をオーダー可能かと尋ねたことから珈琲談義が弾んだ。時間をかけて丁寧に入れて頂いた一杯を手にして立ち話を30分余り。珈琲にかける熱い想いを聞かせていただいた。朝食を出せずに申し訳ないと言いながら、焼きたてのワッフルを出際にサービスいただく。どこまでも心温かい若女将さん。
  
  
  
  
喫茶蔵前
  
IMG_5123.JPG
  
  
若女将の推奨に従い、五所駒瀧神社に続き清酒”花の井”蔵元の展示雛を見学し終えて醸造所を出ると、道を隔てた向かいに古い民家を改造した「喫茶蔵前」があった。
  
  
IMG_5127.JPG少し休憩しようと入ってみると、カッコいい若いバリスタオーナーと地元の方と思しき方が談笑していたので、先に奥のお雛様を見てから珈琲をオーダー。レトロな雰囲気のお店は超オープンで珈琲を入れていくプロセスがよく見える。バリスタ修行に始まりお店で使っている豆の特性紹介まで、珈琲にかける若者の夢は聞いていて楽しかった。早く定常営業できる場を構えられることを祈る。
  
  
  
気の利いた喫茶店との思わぬ出会いは旅を更に味わい深くする。真壁という初めての地で雛と珈琲が紡ぐ人との出会いはある種一期一会のようでもあり心温まる一時であった。(閑話)
  
  
  
  
  
■関連情報
 ▼八七咲き街 真壁物語 橋本珈琲(真壁、八七咲き社中)
 ▼橋本珈琲(D&DEPARTMENT)
 ▼文化財喫茶・橋本珈琲(ゆたり)
 ▼陸の孤島の おひな様/時の狭間にて(4travel.jp)
 ▼真壁のひなまつり(観光いばらき)
  
  
  
  
ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447291118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック