2017年04月23日

春眠暁を覚えず(春暁)

早上好。
今朝はなんとも爽やかなことか。
昨日の雨があがりこれまさに春。
遅めの起床の言い訳に孟浩然の
春暁を重ねてうそぶくも又よし。
凡人春暁をしてぐうたらを嘯く。
  

春晓(孟浩然) 
 
春 眠 不 觉 晓,
处 处 闻 啼 鸟。
夜 来 风 雨 声,
花 落 知 多 少。



華三川_春暁_1.jpg
  
  
「もう朝か。春の夜はぐっすり眠れる。
 目がさめると朝日はもう登っていて
 窓外では小鳥たちの鳴き声が聞える。
 そう言えば夕べの雨音は激しかった。
 花は一体どれほど散ったことだろう。」
    
意味はこんな感じか?よく知られる処。
春の朝寝坊の心地よさを読んだ閑適詩。
   
前半は一見のんびり春を楽しんでいる
詩だが、後半の「風雨」は逆境の例え
で、作者の人生を集約させていると考
えられる。孟浩然は「私の人生は今ま
で雨風続きで暗かった」と告白し失望
悲しみの象徴「花落つる」で詩を括る。
今でも大学不合格に「桜散る」が残る。
  
即ち、この詩は表向きは春のまったり
とした時間を詠んだ閑適詩だが、裏は
自らの不運な境涯を詠んだ嘆きの詩だ。
      
その意で訳せば、
      
「私は役人になれず、のんびり朝寝坊
 をして過ごしている。何もすること
 がない。思い出してみると、私の人
 生はずっと暗い一方で、たくさんの
 夢が散らされてしまった。」となる。
    
日本で定着している「春眠暁を覚えず」
などと格好よく言っている様ではない。
孟浩然は何度も科挙試験を繰り返した
が結局、合格できなかったと言われる。
同じく科挙に合格しないながらも一時
宮廷に滑り込んだ李白などに比べて世
渡り人付き合いが苦手であったらしい。
   
昔、藤圭子が歌ったヒット演歌に「夢
は夜ひらく」があったが、まさに「私
の人生暗かった」に通じる詩だそうな。
…(駄話・閑話・駄話)
    
  
PS.[漢詩を読むA(宇野直人・江原正士著)平凡社]を参照。
  
  
  
ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449277806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック