2010年02月21日

WILD HEALTH 安室奈美恵(2)

必要は発明の母
継続は力
間違えて
継続は力の母と
書き始めた
性懲りもなく3年続けて
Coca-Cola の広告をMy Blog
で取扱うことを何かそのように
書き出そうと思いついたのだが?



ところで



■Coca-Cola Zero 新TVCM Wild Game (2010版)


近くの交差点脇の大きな広告看板にCoca-Cola ZeroのCMが出始めて3年目になる。

2008年のコークの瓶を侍のちょんまげに見立てた広告がしきりとTVに流れている頃、中国で販売を始めたトヨタの車の名前にクレームがついた記事をなにかの雑誌で読んで、このZeroの侍を扱った広告に異を唱える日本人はいないのか?おおらかな国になったものだと漠然と思いついたのがCoca-Cola Zeroエントリー書き始めた契機だった。

それから3年、ちょうどこの時期(2月頃)に新CMが出るんですよね。昨年2009年には新イメージキャラクターに安室奈美恵さんを登用したピシッと切れのあるダンスでwildにHealthと唱った。大人になった安室ちゃんいいじゃない、なかなか訴求力のあるいいCM創るねだったが。。


WildHealth_Amuro_1.jpg今年の新CMは一波乱
ニュージーランドの先住民マオリの
伝統的舞踊『ハカ』を模した踊りを
取り入れた新TVCMについてマオリ
の一部族が「ハカを正しく伝えていない
と異議を申し立てたそうですね。


Coca-Cola Zeroの公式HPを今見ると、このCMを取り除いているようで問題はまだ解決してないのかもしれない?異議に対し自粛中?? Coca-Cola Zeroの広告は、その国の伝統的なものに対する配慮が若干欠けているのかもしれない。それとも既なるWorld制覇をベースに確信犯的制作か?よく分からないが、後者なら伝統的なるもののパロディー化を超えた文化の軽視にもつながるCMの制作態度が少し問われるかもしれませんね。日本は、侍の髷がコーラ瓶でも異議申し立てなど出ないおおらかな大人の国になりにけりかな? まー、いずれにしろそれもこれも含み話題作りが巧いことには変りがないが。。(閑話)

 位置情報 '10/5/3追記修正(現在、公式HPには当該CMが掲載されています。)


■関連情報
 ▼Coca-Cola Zero 公式HP
 ▼日本コカ・コーラ リリースニュース2010
 ▼Coca-Cola Zero Wild Game編(2010) (YouTube)
  
 ▼2010年夏版TVCM(マイコミジャーナル) 位置情報2010/11/27追加
 




■Coca-Cola Zero 新TVCM Wild Training (2009版)


CocaCola_WildHealth_2.jpgところで
2週間位前からだろうか?
毎朝通勤で通る交差点脇のビル屋上に
常設された大きな広告看板に登場した
新イメージキャラクター安室奈美恵の
コカ・コーラゼロのリニューアル広告



CocaCola_WildHealth_4.jpgこの交差点、環八を渡って再度、直角右に甲州街道を渡るために信号待ちが避けられない。毎日ほぼ同じ位置に立ち軽く体を解すストレッチもどきをしながら終わりに上空を見上げるのだが、環八の陸橋越えにずいぶん大人になった安室奈美恵の顔が目に飛び込んでくる。


後付けに、日本コカ・コーラのリリースニュースを見てみると、この広告は『コカ・コーラならではのワイルドさを持ちながらも、糖分ゼロ・保存料ゼロの製品設計によるヘルシーさを兼ね備えたブランドとして、その価値を再定義した新しい広告キャンペーン』の一環のようで、安室奈美恵をイメージキャラクターに起用したもの。ワイルドでヘルシーなライフスタイルを持つ人は、コカ・コーラ ゼロを選ぶというメッセージを伝達しているという。WildでHealthWildにHealth、いずれに解釈しても訴求力のある巧い広告だ。。



■Coca-Cola Zero 新TVCM Samurai? (2008版)


コーラ広告_1.jpgもっとも
コーラ瓶をサムライの丁髷代わりにした以前の
広告は少しやり過ぎかな?中国なら大事ですね。
今、WBC日本代表チームにサムライを冠して一
喜一憂する多くの日本人から何の声も出なかっ
たが、われわれにとってのサムライとは何なの
だろうか??。。(閑話)




■関連情報
 ▼日本コカ・コーラ リリースニュース2009
 ▼コカコーラが日本完全制覇?(My Blog)
 ▼WILD HEALTH 安室奈美恵(My Blog)
 ▼NAMIE AMURO−Coca Cola zero CM(YouTube)
  



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

立冬の日の愛煙奇縁

立冬の翌早朝
窓を開けPCに向うと
背中の当りが冷えてくる
文字通り冬の気立ち始め
いよいよ冷ゆれば也かな



ところで



■閑話1 北烏山の寺町


立冬の日の朝
北烏山に行く用があり、さほど数多くない目的の施設の駐車場に無事iQを滑り込ませた迄はよかったが、時間待ちに外のオープンテラスで煙草を吸おうとして置き忘れてきたことに気がついた。ならばと施設に面した通り沿いを煙草を買おうと歩いているとお寺さんが多いことに気がついた。。

後でネットで少し調べてみると、この北烏山一帯には、26もの寺院が集まっているらしい。大都会にには珍しい地域で、東京の「小京都」とも呼ばれているとか。大正12年に起きた関東大震災後の都市復興計画により都内各所にあったお寺さんがこの地に移転・再建されたことに由来しているらしく、元々地元には一つもお寺がなかったそうだ。。




■閑話1 猫(西蓮寺にて)


2009_Sairenji_1.jpgそんなことで、
コンビニで煙草を買った後、
通り沿いのお寺さん門をくぐってみた。
広くはないが手入れの行き届いた中庭があって、
大きな松や本堂に左脇には大慈悲観音像が立っている。
お寺に何故?と眺めていると毛並みのよい一匹の猫が近づいてきた。小生と猫の相性はことさら悪く手元に身を委ねるような猫にこれまで一度も出合ったことがない。

ところが、この猫どうしたことか、立っている小生の足下に体をすり寄せてくるではないか?座って背中をなでても逃げて行かないので次に首の辺りを軽くなでると、ついには小生の股の下にゆったりと座り込んでしまった。つやつやした毛並みから野良猫でないことが伺われる。お寺さんが大事に育てているのだろう。通りすがりの一見さんにも門をくぐればお客様とばかりに相対する猫にびっくり。住職の心が猫に生きているような気がした。。



2009_Sairenji_2.jpg    2009_Sairenji_3.jpg    2009_Sairenji_4.jpg

2009_Sairenji_5.jpg    2009_Sairenji_6.jpg




■閑話2 八相狸(常福寺にて)


2009_Joufukuji_1.jpg古来、妻恋う鹿は和歌の題なら、哀猿の叫びは詩の題で、猫の恋は俳諧の季題だそうだ。それにあやかろうとするわけでもなければ、そんなだいそれたことなどできようもないが、猫の次は狸の話。動物が並ぶだけ似ている?

上記の西蓮寺を出て施設に戻り始めると隣り合わせのお寺さんに大きな狸の焼き物が置かれているのが目に止まったので、ここにも入ってみた。常福寺というらしい。これも後付けにネットで見てみると、「大小合わせて約200のタヌキの置き物やぬいぐるみがあります。なかには、おまわりさんの格好・お坊さん・ゴルフクラブやマイクを握ったもの等、変わりタヌキがお参りの皆様をお出迎えします。」とある。どうも、この狸にお目にかかったようだ。焼き物の狸は信楽焼が有名だが、この大きな狸はどこで焼いたのだろか?



2009_Joufukuji_2.jpg    2009_Joufukuji_3.jpg



多くの狸の横に『八相狸の由来』が書かれていた。
早起きは三文の得か、煙草忘れが紡ぐ偶然である。
言い換えれば『愛煙奇縁』と言えるかもしれない。


ところで、狸に因んだ言葉に「とらぬ狸の皮算用」がある。世はおしなべて喫煙者を犯罪人のように見なし、あげくには煙草増税で600円にし、その後、毎年700円、800円と段階的に引き上げるとか。健康に悪いから税金を上げれば喫煙者が減るかも、しかし、一気に減ると見込み増税収が減る可能性もあるので10円ごと値上げしようかなどと勝手気侭なことをのたまうなかれ。税収が目減りしそうだから、あーそうこうそうでは話の筋が違うでショットいうもの。まさに皮算用。。『猫の恋』がはやりだしたのは綱吉の生類憐れみの令への反動とか。禁煙とかクジラとかイルカとかこの類いのバッシングは現代の憐れみ令に少し近いのではないか?古人が詠んだ「恋猫の恋する猫で押し通す」もわからぬでもない。


合縁奇縁が転じて愛煙奇縁とななり更に愛煙禁煙を経て哀猿禁煙に至る。
これまさに愛煙家をして巴峡の哀猿月に叫ぶがごとし。
折角のご煙、八相を写経ならぬブログへ書き写して身の戒めとしよう。


八相狸の由来
2009_Joufukuji_4.jpg傘……思はざる悪事災難さけるため用心常に身をまもる傘
目……何事も前後左右に気を配り正しく見つむることな忘れめ
顔……世は広く互に愛想よく暮らし真を以って務めはげまん
徳利…恵まれし飲食のみにこと足利て徳は密かに我につけん
御通…世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達
腹……もの事は常に落つきさりながら決断力の大胆をもて
金袋…金銭の宝は自由自在なる運用をなせ
尾……なに事も終りは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福




■閑話3 ブーツキーパーの子犬


2009_Bootkeeper_1.jpg猫、狸ときて、後一つが足りない。
わが愛犬を登場させれば簡単だが、
それでは面白くないので、
もう一つの子犬でいこう。
季節の風物詩でもないが、この時期になると娘が履き始めるブーツと共に登場するブーツキーパー。ちゃんとブーツを片付ければ見えないのだが、狭い玄関先に放置すると、写真のような愛嬌者の子犬登場となるこの頃である。。(閑話)




■関連情報
 ▼たばこ増税と価格弾力性((株)リベルタス・コンサルティングHP)
 ▼たばこ税制に関する意見書の提出について(JT)



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

WILD HEALTH 安室奈美恵

連休二日目晴れ
先程、東京に開花宣言が出たようですね
春の選抜野球も始まり春もすぐそこかな



CocaCola_WildHealth_2.jpgところで
2週間くらい前からだろうか?
毎朝通勤で通る交差点脇のビル屋上に
常設された大きな広告看板に登場した
コカ・コーラゼロのリニューアル広告



CocaCola_WildHealth_4.jpgこの交差点、環八を渡って再度、直角右に甲州街道を渡るために信号待ちが避けられない。毎日ほぼ同じ位置に立ち軽く体を解すストレッチもどきをしながら終わりに上空を見上げるのだが、環八の陸橋越えにずいぶん大人になった安室奈美恵の顔が目に飛び込んでくる。


後付けに、日本コカ・コーラのリリースニュースを見てみると、この広告は『コカ・コーラならではのワイルドさを持ちながらも、糖分ゼロ・保存料ゼロの製品設計によるヘルシーさを兼ね備えたブランドとして、その価値を再定義した新しい広告キャンペーン』の一環のようで、安室奈美恵をイメージキャラクターに起用したもの。ワイルドでヘルシーなライフスタイルを持つ人は、コカ・コーラ ゼロを選ぶというメッセージを伝達しているという。WildでHealthWildにHealth、いずれに解釈しても訴求力のある巧い広告だ。。



コーラ広告_1.jpgもっとも
コーラ瓶をサムライの丁髷代わりにした以前の
広告は少しやり過ぎかな?中国なら大事ですね。
今、WBC日本代表チームにサムライを冠して一
喜一憂する多くの日本人から何の声も出なかっ
たが、われわれにとってのサムライとは何なの
だろうか??。。(閑話)




■関連情報
 ▼日本コカ・コーラ リリースニュース2009
 ▼コカコーラが日本完全制覇?(2008:My Blog)
 ▼WILD HEALTH 安室奈美恵(2)(2010:My Blog)
 ▼NAMIE AMURO−Coca Cola zero CM(YouTube)
  



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

コカコーラが日本完全制覇?

振り子運動のように毎日、規則的に通う最寄り駅への道すがら、家から大通りに出ると向かい前方ビルの屋上に大きな広告看板がある。飲料水メーカーの広告が多いように思う。掲示期間は一月弱か? 一つ目の信号待ちで毎日いやおうなく眺めるはめになっているが、記憶は曖昧。。

その広告看板に1〜2週間前から『刀を持った武士』を用いた広告が出ていて、普段より目に留まる。密命の佐伯泰英氏の小説がTV化されたり、ちょっとした時代劇ブームにでもなっているのだろうか? 広告にも武士が登場した。コカコーラ・ゼロのテレビCM『本当の味、なのにシャープな糖分ゼロ』の看板版のよう。。


コーラ広告_1.jpg



スカーフ問題がおきる宗教の戒律に厳格な国と比べて、何とおおらかなことか?広告の武士の丁髷がコーラ瓶なんだよね。。主家が命であった武士のDNAは、時を経てサラリーマンの命は会社(終身雇用)として名残りのように無意識に引き継がれていたと仮に考えたとしても、会社への帰属意識が更に薄れていく昨今においては、もはや完全消失かな?? 見ようによっては、敗戦後、海の向こうから見え聞こえするものに憧れ、ひたすら真似てきた日本文化?もここに極まったということ? これは西欧文化が日本文化を完全に制覇したことの象徴かもね?? 背広をきた武士の丁髷がコークではね???


ところで、昨年、キムタク主演の映画『武士の一分』が話題になったが、光を失った武士の、命を賭けても守らねばならない『一分』とは、一体何だったのか? 主人公三村新之丞にとっては、『武士であり続けること』 『夫婦愛』であり、同時に、この映画は観る者にも『己の一分』とは何かと問いかけていたのではないか? 何よりも守りたい『一分』、それを持って自分は生きているのかと。。せめて、そうありたいものだ。(閑話)


■携帯スナップ(コカコーラ関連)
新宿駅_2.jpg
◇アクアセラピー ミナクア(新宿駅)

浦東空港_8.jpg
◇北京五輪入りコーク缶(浦東空港)

浦東空港_6.jpg
◇浦東空港で見かけた和装のご婦人
 凛として見事でした。。

上海新世界_3_2.jpg
◇コーラに関係なしSafety can be fun(上海)


■関連情報
 ▼コカコーラ ミナクア Pure You 妊婦編CM
 ▼コカコーラ・ゼロCM



ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。
posted by 不惑永遠 at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

京王リトナード八幡山1周年と彦や

早いもので通勤最寄り駅の京王線・八幡山駅高架下を改装して『京王リトナード八幡山』がオープンして1年がたつ。小生のブログに、たまには地元のことも書こうと言って京王リトナード八幡山オープンのエントリーを書いたのが昨年の10月24日。今月の19日にはオープン1周年を向えることになる。。。

第六天神祭り.jpgところで、京王線を使い始めて既に30年近くなる。八幡山は20年。20年1日のように自宅と八幡山駅の間を毎日往復しているが、いくら住んでも東京なんて外から来たサラリーマンにとってはエトランゼなのかもしれないね。
意味が少し違うと思うが、江戸っ子になるには親子3代なんて言葉があったように思うが、それほどにも日常のお付き合いが薄く地元に溶け込んだという気がしない。顔が分かって声を交わすのは向う三軒両隣。よく言ったものだと思う。居を構えても自身の心はビジネス中心にあって、たまの休みは人付き合いのない気軽さを好んでいるむきなきにしもあらずだから、やはり小生は八幡山エトランゼなのだろう。


彦や03.jpgそんな前置きはさておき、そうはと言っても少しは自分側にも変化があって、もっぱら都内一辺倒だった会社帰りの一杯から最寄り駅近くでの一杯が増えてきている。仕事はもはや趣味の境地だから、残業代や遅いこと等関係なし。やることはやって遅くに帰宅する際の暗い路地の赤い提灯やポツンとした看板はひと時の気休めにうってつけ。。

そんな折、八幡山を降りて北側、京王線高架沿いに環八に向けて歩いて帰ると山形医院の手前、朝日新聞だか販売店の隣に居酒屋『彦や』が9月20日にオープンしたので、早速、オープン当日たちよってみた。

まず看板の大きな『』の字が目に付く。お店の心意気を示しているようだ。
ビルのつくりの関係か入り口が少し変っていて階段を少し下りて入り口扉。初陣の際は、扉の向う側に展開される雰囲気がどんなものか一種の楽しみでもあるが、『彦や』は外側から内側の様子が伺えるところがオープンな雰囲気をかもし出していて、なにより特徴といえるかもしれない。
お店の中は、テーブルが三つに高めのカウンターがあって、一人で飲むときはもっぱらカウンター利用ってことになるのかな。。高めの椅子に座ると、どーんと37インチ液晶TVが前に見える。

彦や0709202329.jpgお店を切り盛りするクルーは男性二人に女性一人。
口数が少なく少しシャイな感じのいい男が料理長で店長
隣のお嬢さんは実に話声がかわいい(勿論、顔も)
もう一人の方は友人で助っ人だと自称するが、
話が上手でお店の雰囲気を実に巧みに盛り上げている。
酔っ払って聞きとめた話なので、
正確性は少し勘弁いただくとして、
意気のあったいいクルーだ。


これまで3回よってみたが、お客も多様になりいつも一杯だ。
一人でも、グループでも、勤め帰りにランチ時にと、多くのお客様が気軽に集うお店に向けて、
順調な船出をした『彦や』とクルーの今後の発展グッド(上向き矢印)を祈念して、
遅ればせの祝オープン・エントリーとしよう。。


■関連情報
 ▼居酒屋 彦や(八幡山どっとこむぶろぐ)
 ▼1965年10月当時の八幡山駅(八幡山どっとこむ)
 ▼京王リトナード八幡山オープン(MyBlog)
 ▼京王リトナード八幡山(2)お店情報(MyBlog)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒  人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 04:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

環八BONの青い目のお嬢さん

夏休み終盤。
今日の東京の気温は25℃前後とか。
げんきんなものでさっそく愛犬と早朝散歩へ。。
胴長短足の愛犬も我が家に来てもう10年。人間年齢で60歳前後か?若い頃は前へ前へ主人を引っ張るようにせっかちな歩きをすることが多かったが、最近はすっかり落ち着いている。散歩にデジカメを持っていく時は、両手をフリーにしておきたいので、左手に持つ紐をベルトのところで留めておくのだが、紐にテンションがかからないお互いいい関係で歩くことができる。

さて今日は、いくつかある散歩コースの一つで出始めを環八沿いに歩く。ヤマダ電機本店の反対側にEASYRIDERSなどバイク関連ショップが並んでいて、その中にKichen BONというメキシカンレストランのお店があるのだが、ご機嫌のいい時は青い目の超グラマラスな彼女が店の入り口で待ち受けている。。この彼女、名前はNancyというらしい。いつも待っているかというとそうではなくて、9:1か8:2くらいの比率で待っていない方が多いのだ。。
どういうご機嫌によるのか女心はよくわからんとです?? 
ただ今日はしっかり待ち受けモードでしたね。。。(閑話)


Kichen BONのお嬢さん
BON_1_1.jpg
BON_2_1.jpg
BON_3_1.jpg


EASYRIDERS
EasyRider_1_1.jpg
EasyRider_2_1.jpg
EasyRider_3_1.jpg


駄菓子屋さんに里芋の葉。。
Dai6Tenjin_1.jpg
Matsuya_1.jpg
IMG_4214.JPG


■関連情報
 ▼Kichen Bon
 ▼ぐるなびKichen Bon


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒  人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 15:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

古木の苔

この道は、最近あまり通ることがないが、
少し遠歩きの散歩で、神田川上水沿いを歩く場合に、
上水沿いから家への帰路を裏道にとると、
ここを通ることがある。

今日は、そういうことでたまたま前を通ったのだが、
白壁に立派な和風の門構えの屋敷の外の古木の苔
の緑に目が止まった。

山中の湿気が多いところならまだしも、夏の日がかん
かん照りに当たるこのような場所で、よくぞ枯れずに
生息しているものだと思わず感心した。

どの位の樹齢で何の木かよくわからないが、朝の日
に生える古木の苔の緑がなんともいえない味わいを
かもし出していた。

そこで、古木の苔をスナップ。

IMG_3732_1

IMG_3730_1

IMG_3731_1



閑話。。閑話。。。



達磨50% 忙中閑話。 。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

第六天神の昇り竜下り竜

第六天神社_1_1  第六天神は中央高速の高架沿いにあって、
愛犬との定番散歩コースのほぼ中央あたりに位置する。

神社はコンパクトと言ったほうがよく、
石の鳥居から神殿までの距離は一直線で30m位か?
参道脇には石塔や狛犬が左右対称に配置されている。

第六天神社_狛犬_1_1 この石造狛犬は、 明和8年江戸中期の作。
密命・惣三郎が活躍した享保からは略50年後になる。


ところで、

今回の「散歩でスナップ」の対象とした”オヤッ!!?”は、
石に彫られた ”昇り竜と下り竜” である。

鳥居をくぐり少し歩むと、参道が一段高くなる両脇に石の色合い
から最近に設置されたと分かる旗やのぼりを立てる木を固定し
て留める台座(正しくは何というのか?)が目に付いた。

この台座、良く見ると立派な竜の彫り物を持っている。
左が下り竜、右側が昇り竜である。特に左側の下り竜の表情は、
相当に根性が入っていてデジカメで覗いていると一瞬怖くなる位
の迫力を持っている。

石造狛犬が江戸中期の明和8年奉納として235年が経過してい
る。この竜もこれから先、同じような時間を経て後世の人々の目
にとまるのだろうか?

下り竜_1.JPG第六天神_2.JPG昇り竜_1.JPG

IMG_3738_1.JPGIMG_3737_1.JPG


なお、第六天神では
毎年9月初旬の週末には夏祭り・第六天神社祭が催され、
先週土曜の宵宮には懐かしい夜店が境内に並び子供たちで
賑わうと同時に奥の舞台では奉納素人演芸会が盛上っていた。

かくして、今年も夏が往く。。。


第六天神社_夜店_1.JPG第六天神社_舞台_1.JPG
第六天神社_夜店_2.JPG第六天神社_夜店_3.JPG


第六天神社に関する情報

第六天神社のご案内 (下高井戸八幡神社)
第六天神社(武蔵野・ 多摩MTB散歩)
石造狛犬 (同上)
八幡山ドットコム (神社の写真が見える)



閑話。。閑話。。。



達磨50% 忙中閑話。 。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 15:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

自画像ならぬ自写像?他

昨日、東京に帰ってきた。
夜中の0:30に実家を出て、東京の自宅に着いたのが16:20。
往きは、更にひどく早朝5:00に出て、翌日の7:00に実家に着いた。
往きの東名は、走行区間の大半で”15Km80分”といった渋滞に合った。

13日の初盆に間に合わせるように車で帰省しようとすると、今回は夏休みに
入った初日の12日土曜を利用せざるを得ず、渋滞は覚悟の上ではあったが、
とにかくひどかった(何十回で初めて)。

長距離を車で帰ることについて、ほとんどの人は、 ”信じられない”、”危ない”、
”元気な”、”いい歳して馬鹿なことを = 時間がかかり・費用が高く・体が疲れて・
事故の危険性がある” と言う。(確かに常識的で正論である)
しかし、私にとってはこれほど楽しいことはないのだから、少し困ったものである。

でも。。。さすが昨晩は車走りの疲れがあったか、帰省中に買った世界名作映画
DVDの ”ガス燈” を見始めたところで、ぐっすり寝入ってしまった。
WinDVDは、みる人のいない再生を延々と朝まで繰り返していた。


閑話休題。。。


気持ちよく目覚めた今朝は、愛犬といつもの散歩へ
見慣れた場所でも、その気で歩くといろいろ面白いものに出会うことができる。


■自画像ならぬ自写像
180Mirror_4_1.JPG
??こんな頭と目を持って生きていきたい??
原材は、電柱に取り付けられた180度ミラーです。


■ツバメの巣
ツバメの巣_1_1.JPGツバメの巣_2_1.JPGツバメの巣_3_1.JPG
井の頭線高井戸駅近く環八沿いのHair&Nailのお店
仕事柄の清潔さを優先して巣を撤去したりせず、糞を受ける厚手の紙を
交換する気配りがすばらしい。。。お店の方の心の優しさが感じられた。


■書く女って。。? 樋口一葉のことらしい。。。
Woman_1.JPG
写真の女性は、東京タワーで喜美子役を演じた寺島しのぶ
この間、観たばかしで、ブログにも書いたので、 連鎖を重んじて撮影。。。
書く女 特設Webサイト
日刊 書く女


■日中Coke
DietCoke_1.JPGIMG_3684_1_!.JPG
左:Colaの自販機より 右:上海のホテルの冷蔵庫にあったコーラ缶(15元≒240円)


■セミ無情または無常
I蝉_1_1.JPG
羽化して10日余の生命を燃えつくしたか、 路上に死に絶えたセミ
小さい頃は無数のアリがたかっているのをよく見かけたが、今は
舗装のアスファルト上でやがて車に轢かれて粉々になるのだろう
そっと道端の草むらに投げ込んでやった。。。

 

散歩でスナップ(2) 。。。空蝉
散歩でスナップ。。。 EasyRiderの「上り蜥蜴、下り蜥蜴」
散歩復活。。。 女性の挑戦



閑話。。閑話。。。



達磨50% 忙中閑話。 。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

空蝉

土曜の朝、暑くならないうちに、いつものコースを散歩した。
大きな表通りの歩道を離れて、高速の高架に沿って歩きはじめると、
大きく成長した木々が歩道を覆うように茂って続いている。

ここまで来ると表通りの絶え間ない車の騒音も少しは静かになるが、
それでも、虫の音は耳を澄まさないと聞こえてこない。

夏。。夏といえば蝉の鳴き声

そう思って、聞き耳をたててみると、高いところにとまっていて小さい頃
採りたくてもほとんど採れなかった大きな蝉(クマゼミ?)の鳴き声では
ないかと思うもの以外は、ほとんど聞き取れない。

蝉の羽化の最盛期には、まだ少し早いのかな?。。と思いつつも、
一方で、年々の減少(絶滅への最終章)傾向の影響が出ているのか?
などと他愛のないことを考えながら。。。
歩道沿いの木々の足元に蝉の幼虫が這い出した穴が開いてないか、
幹や枝に抜け殻がないか。。。散歩がてらに少し観察してみた。

歩道沿いの木々には、一つも抜け殻を見つけることはできなかった。
散歩コースの折り返しで立寄る公園の木々も同様であったが、
ただ、隅っこの方の木に少しだけ抜け殻を見つけることができた。

空蝉_1.JPG

蝉は、5年も土中での幼虫時代をすごし、羽化して10日余でその生命を終える。
人は、これを人と比べて割に合わない儚い一生と言う。
しかし、外敵から身を守るこれといった能力の無い蝉は、土中に潜むこと5年。
そして、わずか2時間の羽化で、人もできない自由に空を飛ぶ能力を手に入れる。
その短時間に営まれる神秘的な羽化は、コペルニクス的展開以上の劇的進化で
あって、人の苦節十年を凌駕する生の謳歌への旅立ちなのだろう。
そうとでも理屈をつけて、やはりはかない蝉の生涯を愛でてみたい。

。。。。。

ほんとは、盛夏が過ぎていく頃が似合っていると思うのだが、
もどきをひとつ。。。


   空蝉や 往く夏惜しみ 今日も木に



閑話。。閑話。。。


みやこ〜のセミのページ
クマゼミの羽化(同上HP)



ブログ殿堂参加中 一押し応援クリックお願いします。 ⇒  人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。 。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 15:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

EasyRidersの「上り蜥蜴、下り蜥蜴」

散歩は、犬とデジカメがお供。。。
何か気を引くものがあるとデジカメで撮ってみる。

今日は、バイク愛好家の隠れメッカEasyRiders

Easy_Rider_4.JPG
現在の真っ赤な建物は5,6年前に建ったのかな?
もともと環八と甲州街道がクロスする高架下脇にあった
小さなお店から隣へ隣へお店を移すごとに大きくなってきた。
最初は目立ちすぎて異様?な感じすらしたが、
見慣れるとそうでもなくなるから面白い。。。

 IMG_3578_1IMG_3582_1
お店は休み。
ガラスごしにお店の中をのぞくと、
前輪からハンドルにかけて特徴があるEasyRider調
のすごいバイクがところ狭しと並んでいて見るだけでも楽しくなる。
写真を撮っていると若いお嬢さんが犬を見てよってきたので少し立ち話
をした。バイクできているというから見せてもらうと、車長が背丈
の2倍近くありそうでエンジンはナッナント1100ccだという。

これ止まると大変でしょう?押して動く??倒れたら起こせる???
おじんがヤボなことを聞いても、このお嬢さんサラット笑ってかわしてくれた。
そのうち1台1台とバイク仲間が集まってきはじめたので、挨拶して散歩に
もどった。。。。

さて、今日のスナップはEasyRidersの窓の蜥蜴

Easy_Rider_5.JPG/media/img_20060610T200246187.jpgEasy_Rider_3.JPG

そもそも建物全体が変わっているが、この蜥蜴も変わっている。
上り竜、下り竜にたとえるならば、さしずめ左が「下り蜥蜴」、右が「上り蜥蜴」
というところか。おそらく、日本に二つとない?「上り蜥蜴、下り蜥蜴」であろう???
(クリックで拡大)


ランキング参加中 一押し応援クリックお願いします。⇒  人気ブログランキング【ブログの殿堂】


達磨50% 忙中閑話。。 閑話。。。

posted by 不惑永遠 at 20:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩でスナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする